ジブリ鈴木敏夫「まだスタジオジブリは続く」 宮崎駿の引退後も「忙しい」

最新ニュース

鈴木敏夫(映画プロデューサー)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
  • 鈴木敏夫(映画プロデューサー)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
  • 小栗旬(俳優)&唐沢寿明(俳優)&坂上忍(俳優)&鈴木敏夫(映画プロデューサー)&劇団ひとり(お笑い芸人)&園子温(映画監督)&布袋寅泰(ギタリスト)&ウルフルズ(ミュージシャン)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
  • ウルフルズ(ミュージシャン)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
  • 布袋寅泰(ギタリスト)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
  • 小栗旬(俳優)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
  • 唐沢寿明(俳優)&坂上忍(俳優)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
  • 小栗旬(俳優)&唐沢寿明(俳優)&坂上忍(俳優)&布袋寅泰(ギタリスト)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
  • 坂上忍(俳優)/「GQ MEN OF THE YEAR 2014」授賞式
「GQ MEN OF THE YEAR 2014」の授賞式が11月20日(木)に開催され、今年の受賞者として小栗旬、唐沢寿明、劇団ひとり、坂上忍、鈴木敏夫、園子温、「ウルフルズ」、布袋寅泰が出席。それぞれに喜びを口にした。

雑誌「GQ JAPAN」が今年、最も輝きを見せた男性に贈る賞として、2006年に創設され、今年で9回目を迎えるこの賞。

4年半ぶりの“復活”を遂げた「ウルフルズ」のトータス松本は、この1年を振り返り「早かったです。『ウルフルズ』に没頭していてあっという間でした」と述懐。活動休止前と再開後の違いを問われると「4人での会話が多くなったと思います」と楽しそうに語り、さらに来年については「ライヴをたくさんやりたい」と抱負を口にした。

同じく音楽会から選出された布袋さんは、イギー・ポップ、「ザ・ローリング・ストーンズ」といった世界的なロッカーたちとの共演など、世界を股にかけての活動が評されての受賞となった。受賞の喜びを語ると共に今年1年を表す漢字として、挑戦の「挑」の字を掲げ「ソロになって25年になりますが、殻に閉じこもらず、満足せずに14歳で初めてギターを手にした時の思いで世界に挑み続けたい」とさらなるチャレンジを誓っていた。

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』『思い出のマーニー』と昨年からの約1年間で過去にないハイペースで3本のジブリ作品が公開されたことに触れ「あっという間に過ぎた」とふり返る。「来年は何もやりたくない(笑)」と語るも、まだまだやらねばならないことがあるようで、この1年を表す感じとして「続」を選択。「宮崎駿の引退でヒマになることを願ったけど、忙しい(苦笑)。やめようと思っても、まだスタジオジブリは続くようです」と語った。

坂上さんはTVで引っ張りだこの1年となったが「こんなに働く年はない。休みたいけどそんな身分じゃないので、来年も細々と働きます」とぼやきつつ来年に向けた抱負を口にしていた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top