“主演を褒めない”入江悠監督が野村周平を絶賛!「イケメン捨て汚い主役になりきった」

最新ニュース

野村周平&二階堂ふみ&前野朋哉&竹中直人&岡本啓佑(黒猫チェルシー)&「The SALOVERS」&落合モトキ&喜多陽子&入江悠(監督)/『日々ロック』舞台挨拶
  • 野村周平&二階堂ふみ&前野朋哉&竹中直人&岡本啓佑(黒猫チェルシー)&「The SALOVERS」&落合モトキ&喜多陽子&入江悠(監督)/『日々ロック』舞台挨拶
  • 野村周平&二階堂ふみ/『日々ロック』舞台挨拶
  • 野村周平&二階堂ふみ&前野朋哉&竹中直人&岡本啓佑(黒猫チェルシー)&「The SALOVERS」&落合モトキ&喜多陽子&入江悠(監督)/『日々ロック』舞台挨拶
  • 野村周平/『日々ロック』舞台挨拶
  • 二階堂ふみ/『日々ロック』舞台挨拶
  • 前野朋哉/『日々ロック』舞台挨拶
  • 落合モトキ/『日々ロック』舞台挨拶
  • 喜多陽子/『日々ロック』舞台挨拶
映画『日々ロック』の公開を記念して11月23日(日・祝)、主演の野村周平をはじめ、二階堂ふみ、前野朋哉、竹中直人、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、「The SALOVERS」、落合モトキ、喜多陽子、入江悠監督が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)にて連載中の榎屋克優の人気漫画を原作に、風呂なし、金なし、女なしのヘタレロックンローラー・日々沼拓郎が、突然、ライヴに乱入してきたトップアイドルとの出会いを通じて成長していく様を描く。

野村さんと二階堂さんは主人公とヒロインという関係性で、劇中でも決して共演シーンが少なかったわけではないのだが、なぜか撮影中はなかなか上手く喋れなかったそうで、ようやくこの公開の舞台挨拶を通じて「やっと話せるようになりました…(笑)」(野村さん)とのこと。仲良くなったのも束の間、この舞台挨拶で現時点で予定されている舞台挨拶は最後ということで、野村さんは「悲しいです…」と寂しそう。

この日は作品にちなんで、登壇陣に今後挑戦したい“ロック”なことは? というお題が与えられたが、野村さんは「ディズニーランドを買い占めて10人くらいで遊びたい。別に(ディズニーランドが)大好きというわけじゃないんですが…。(友人に)『乗れよ、勝手に』と言いたい」と野望(?)を掲げる。これに既婚者の前野さんが「結婚式をディズニーランドでやりたいです。結構リアルに(笑)」と乗っかり笑いを誘う。

二階堂さんは、最近“切り絵”の教室に通う計画を立てているそうで「繊細で内に向かう作業もまたロックだと思います」と微笑んだ。竹中さんは「オレは寿司だ! 脇で寿司握って客に出したい!」とロック過ぎる願望を明かし、会場と登壇陣を笑いの渦に包んだ。

この日は、現場で入江監督から「全く褒められることがなかった」とボヤいていたという野村さんのために、これまで過去作品を含め主演俳優を褒めたことがないという入江監督がわざわざ、自身のノートに手紙をしたためてきており、全員の前でそれを朗読。

出会った時の印象や撮影中の野村さんの姿勢に触れ、特にダサい日々沼拓郎を演じる上で「顔が小さくて手足が長いイマドキのイケメンの素質を捨てて、汚らしい主役になりきった!」と称賛を送る。野村さんは「やっと褒められて、背中がムズムズします」と照れ笑いを浮かべつつ「僕も監督好きです」「好きです…好きです(笑)」と告白3連発で会場は再び笑いに包まれた。

『日々ロック』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top