松本幸四郎と今井翼が山田太一作のドラマ『ナイフの行方』でタッグ!

最新ニュース

歌舞伎俳優の松本幸四郎が、26日に渋谷のNHKで、主演ドラマ『ナイフの行方』の試写会に、作者の山田太一とともに出席した。同ドラマは、12月22日(月)・23日(火)の22時からNHK総合にて放送決定。格差社会のなか短絡的になっていく若者とどう向き合うかを描いた問題作だ。

今回、孤独な老人・根本拓自役を演じた幸四郎は、「どうも自分の生き方と重ねあわせたのですけれども、あんまり器用に立ち回れない人生を自分は人間としても歩んでおりますので、ただ、親のちゃんとした生き方を見ているうちに、人間としての優しさをちゃんと持つようにならなければだめだと思いました。でも拓自という人間も山田先生がお書きになった人物ですが、日本人というものは最近お互いに信じ過ぎる、人間とはそんなに信じられるものだろうか、“のんきなように思えてしょうがないんだよ”と、これは根本拓自がいう言葉があり、これはもうグサッと私の胸に突き刺さりました。前編・後編とございますけれども、ぜひぜひこうゆうドラマをご覧になって、今の視聴者の方々が、日本人とは自分とは何なんだろうという事をもう一度考えて頂けるといいと思います」と語った。

幸四郎の出演をとても喜んだという山田は、「人間には1番忘れたい記憶、そこから逃げたいという、そういういろいろな出来事が過去にありまして、それを2回の中で話すわけですけれども、回想シーンでは、若い時の幸四郎さんとか津川さんとかっていうふうな事は書きたくなかったし、幸四郎さんだったら絶対それはセリフで乗り越えてくださると信頼しておりました。他の方だったらちょっと恐くてお願いできませんけれども、かなり長いシーンまでの話をちゃんと見事にして下さって本当に感謝しております。妙な話ですけれども、やっぱり他ならぬ日本の物語だし、今そういう種類のドラマというものがすごく無くなってしまうと思いまして、こういう機会にただの人情話しを書くのではなくて、そういう人間たちが居たという事を書いてみたくて書きました」と明かした。

世を呪う若者に対し、“大人”は何を伝えられるのか……。不幸な生い立ちから自暴自棄になり、無差別に人を刺そうとナイフを懐に入れた青年・次男(つぎお)役を今井翼が演じる。サスペンスにコメディー要素、さらにヒューマンドラマでもある本作に注目が集まる。

【ストーリー】
根本拓自(71)は週2回頼んでいる家政婦が幼い娘を連れてくるのが楽しみな孤独な老人だ。ある日、町中でナイフを振り回す青年・次男(28)を目撃し、合気道で組み伏せる。だが、次男の深い悲しみの目を見た拓自は警察に突き出すのをやめ、次男の足を折って自宅に連れ帰ってしまう。「骨折が治るまでだ」と亡き妻の部屋を明け渡し、次男との奇妙な同居生活を始めるが……。

■特集ドラマ『ナイフの行方』
2014年12月22日(月)・23日(火)
22:00~23:13(NHK総合)
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top