【特別映像】ジョン・ラセターも太鼓判!『ベイマックス』と併映の短編『愛犬とごちそう』

映画

『愛犬とごちそう』-(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『愛犬とごちそう』-(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス 』-(C)2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(c) 2014 Disney. All Rights Reserved.
先日開催された第27回東京国際映画祭のオープニング作品として世界最速上映され、話題をさらったディズニーアニメの最新作『ベイマックス』

ディズニーのアニメ作品といえば、『シュガー・ラッシュ』のときの『紙ひこうき』、『モンスターズ・ユニバーシティ』の『ブルー・アンブレラ』など、同時上映される短編アニメーションもクオリティの高さから注目を集めているが、このほど、12月20日公開の『ベイマックス』と同時上映される『愛犬とごちそう』の特別映像が解禁となった。

短編アニメーション『愛犬とごちそう』は、あるひとりの男性が飼う愛犬ウィンストンの視点から描いた、愛と食がテーマの物語。ある日、彼からポテトフライをもらったことがきっかけで、彼の家で暮らし始め、親友となり、いつもお裾分けしてもらうジャンク・フードが大好きになったウィンストン。でも、彼が恋に落ちてからというもの、楽しかった食事の時間は一変してしまうのだ。

解禁された映像では、幸せそうな表情を浮かべながらジャンク・フードを貪る、なんとも愛らしいウィンストンの食事シーンがお披露目。その可愛すぎる姿には誰もが頬をゆるめずにはいられない。だが、映像の後半では、男性の異変を察知したウィンストンが凛々しい表情でひとり街へ駆け出すシーンもあり、何か“事件”を予感させている。



メガホンをとったのは、本作が初監督作品となったパトリック・オズボーン。『ボルト』『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』など長編アニメーションや、短編『紙ひこうき』にもアニメーターとして関わった後、『ベイマックス』でもアニメーション・チーフを務めたスゴ腕のアニメーターだ。

実はオズボーンが監督を務めることになったのは、ディズニー・スタジオで働く、アーティストから経理に至るまで全社員へ通達された「短編アニメーションのアイデアを求む!」という告知がキッカケ。多くの社員がここぞとばかりに名乗りを上げる中、彼は『愛犬とごちそう』の企画を提出。最終候補まで残った彼は、あのジョン・ラセターへのプレゼンを行った結果、見事採用され、実力で自身のストーリーテリングの能力とアイデアをスタジオに認めさせることになった。

「ビッグチャンスに興奮しましたが、同時にディズニーの名作短編アニメーションとその輝ける歴史に、ものすごいプレッシャーを感じましたよ」とオズボーン監督は語る。

自身も愛犬家で3匹の犬と育った彼は、愛犬の表情や仕草はもちろん、彼はウィンストンの足と体の動きには強いこだわりを持って描いたという。時には本物の犬をスタジオに連れてきて、他のアニメーターと共にその動きを細かくスケッチしたそうで、「最近(のディズニー・アニメーション作品)は人間が主人公の作品が続いていたので、スタッフの半数近くが四足歩行の動物をアニメートしたことがなかったんです。特に足の動きが非常に複雑なので、ビデオに撮り、何度も何度も繰り返して見て研究しました」とふり返る。

第85回アカデミー賞では『紙ひこうき』が見事「短編アニメーション賞」を受賞しているが、オズボーン監督は「そんな期待は一切していません。僕はたくさんの人々に楽しんで観てもらえれば十分満足ですよ。それが、何よりの“ご褒美”です」と謙虚に語り、「もし一生短編だけ撮って暮らしていけるなら迷わずその道を選びます(笑)」と、すっかり短編監督にはまってしまった様子だ。

同じく愛犬家でもあるジョン・ラセターからは「素晴らしいよ! おめでとう!」と太鼓判を押されたという本作にも、期待が高まるところだ。

『ベイマックス』と同時上映短編アニメーション『愛犬とごちそう』は12月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top