安達祐実、左手薬指に“指輪”で幸せオーラ全開! 「母親としても充実させたい」と宣言

最新ニュース

安達祐実/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
  • 安達祐実/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
  • 安達祐実&豊島圭介(監督)/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
  • 安達祐実/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
  • 安達祐実/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
  • 安達祐実&豊島圭介(監督)/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
  • 安達祐実/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
  • 安達祐実&豊島圭介(監督)/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
  • 安達祐実/『花宵道中』ヒット御礼舞台挨拶
先日、再婚を発表したばかりの安達祐実が11月29日(土)、ヌードを辞さずに体当たりで臨んだ主演映画『花宵道中』のヒット御礼舞台挨拶に登壇。左手薬指に指輪をはめて、幸せいっぱいの様子で豊島圭介監督から祝福の花束を受け取った。

江戸時代末期の吉原を舞台に、一生に一度の恋を咲かせようとする遊女・朝霧の生きる姿を描き出した本作。安達さんにとっては子役時代から数えて芸歴30周年の節目の年に撮影された20年ぶりの主演作であり、妖艶で美しいヌードシーンも大きな話題を呼んでいる。

安達さんは公開後、本作の評価について自らネットで検索することもあるそうで「無謀にもTwitterとか見てしまうんです…(笑)」と明かし、「厳しい意見もあるけど、伝えたいことを分かってくれる方もいるし、『そうか! こう見えるのか』とみなさんから教えていただけることもある」と語る。

劇中、相手役の淵上泰史から和服のままで“お姫様抱っこ”をされるシーンもあるが「私はされる方なのでヒョイと持ち上げてもらいましたが、淵上さんは苦労されたと思います。される方は体重のことが気になってしょうがない(苦笑)!」とふり返った。

改めて、本作について「この映画に出ることで、20年ぶりの主演でしたが、たくさんの番組に出させていただき、取材の機会も多くて、こんな風に出してもらえることに感動しました。『(自分の女優としてのイメージを)変えたい』と思ってやった作品だし、これから変わっていくだろうと思いますし、そうでなきゃ意味がない」と強い決意と覚悟を口にする。

この映画の公開後に再婚を発表したことについて「タイミングが重なったというのはあるけど、これが公開されないと結婚できない! とりあえずこの映画を送り出してから! という気持ちはありました(笑)」とこの作品の存在の重さ、大きさがプライベートにも影響を及ぼしていたことをうかがわせる。

「この職業はみなさんにプライベートを知ってもらう職業でもあるし、(プライベートの)人生と俳優の仕事が重なってるし、ひとりで2人分の人生を生きている感じ」と語り、今回演じた朝霧と自分の人生の重なる部分を数多く感じたとも明かした。

さらに「この作品がスタート。楽しんで一歩一歩進んでいきたい。(その思いは)“母親”としてもというのもある。ますます母親としての部分を充実させたい」とも語り、これから映画を観る観客に「新しい安達祐実を発見していただけたら」と呼びかけた。

『花宵道中』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top