菅原文太、81歳で逝去…吉永小百合&浅野忠信ら共演者から追悼コメント

最新ニュース

吉永小百合&浅野忠信-(C) Getty Images
  • 吉永小百合&浅野忠信-(C) Getty Images
  • 菅原文太の訃報にコメントを発表する吉永小百合
  • 吉永小百合-(C) Getty Images
  • 浅野忠信-(C) Getty Images
『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズ、『まむしの兄弟』シリーズなどを代表作に持つ菅原文太が、11月28日(金)午前3時に、転移性肝がんによる肝不全のため亡くなっていたことが発表された。

先日、名優・高倉健がこの世を去り悲しみに暮れるなか続く訃報。菅原さんは、劇団四季に1期生として入団し、その後モデルをしながら俳優を目指すことを決意。数々の任侠映画に出演するほか、『千と千尋の神隠し』で釜爺の声優を務めたりと老若男女に慕われる存在となったが、2012年に俳優界から引退を発表。それ以降も菅原さんは、声優、ラジオパーソナリティを務めたり、妻・菅原文子さんの勧めから農業を始めるなど様々な分野で精力的に活躍してきた。

すでに11月30日(日)、福岡にて家族葬が執り行われたという。喪主を務めた妻の文子さんは、下記のようにコメントを寄せている。

「7年前に膀胱がんを発症して以来、以前の人生とは違う学びの時間を持ち『朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり』の心境で日々を過ごしてきたと察しております。

『落花は枝に還らず』と申しますが、小さな種を蒔いて去りました。一つは、先進諸国に比べて格段に生産量の少ない無農薬有機農業を広めること。もう一粒の種は、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げることでした。すでに祖霊の一人となった今も、生者とともにあって、これらを願い続けているだろうと思います。

恩義ある方々に、何の別れも告げずに旅立ちましたことを、ここにお詫び申し上げます」。

また、女優・吉永小百合は「本格的な共演は『映画女優』だけでしたが、密度の濃い日々でした。市川崑監督のもと、溝口監督と田中絹代さんに扮しての芝居でしたが、緊張感の中で胸が躍りました。近年の社会的な御発言も、私の心に強く響いております。御冥福をお祈り申し上げます」とコメント寄せた。

さらに俳優陣からもSNSにて追悼するコメントを残している。

<俳優・浅野忠信>
撮影で一緒に過ごした時間がとても楽しかったです
ありがとうございました。心からご冥福をお祈りします。

<俳優・池松壮介>
ありがとうございました。

<俳優・八嶋智人>
菅原文太さんまで…。合掌。

ご冥福をお祈りいたします――。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top