広末涼子、『はなちゃんのみそ汁』撮影を前に「絶対にいい映画になる」と自信

最新ニュース

広末涼子&滝藤賢一&一青窈(主題歌担当)/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 広末涼子&滝藤賢一&一青窈(主題歌担当)/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 広末涼子/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 一青窈(主題歌担当)/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 滝藤賢一/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 安武はなさん(本作のモデル)/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 広末涼子&滝藤賢一&一青窈(主題歌担当)&阿久根知昭(監督)&安武はなさん(本作のモデル)&その父・信吾さん/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 一青窈(主題歌担当)/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
  • 広末涼子&滝藤賢一&一青窈(主題歌担当)&阿久根知昭(監督)&安武はなさん(本作のモデル)&その父・信吾さん/映画『はなちゃんのみそ汁』製作発表記者会見
死にゆく女性とその夫、そして幼い娘の実話に基づく映画『はなちゃんのみそ汁』の撮影を前に12月4日(木)、記者会見が行われ、主演の広末涼子に滝藤賢一、主題歌を手がける一青窈、阿久根知昭監督、そして本作のモデルとなった安武はなさんと父親の信吾さんが出席した。

乳がんを患い余命いくばくもない母親が幼い娘に何を遺せるかを考えた末、みそ汁作りを通して愛情と生きていく強さを伝える。安武信吾さんと娘のはなちゃん、そして亡くなった千恵さんの共著という形で出版され、13万部を超えるベストセラーとなった原作が映画化される。

広末さんは「脚本を読んでたくさん笑い泣きしました」と述懐。これまでにドキュメンタリー番組が作られ、ドラマ化もされているが、広末さんはドキュメンタリーを見ていたそうで、今回のオファーに「二つ返事で『出演したいです』と伝えました」と語る。

試行錯誤の末に書かれた脚本については、改めて「声を出して笑いそうなのに、涙が止まらなくて…。飛行機で読んで、(涙目を落ち着かせるために)空港で保冷剤を買いました(笑)。でも『悲しい』『苦しい』『つらい』ではない涙だと感じました」と語った。

母としてひとりの女性として、千恵さんの姿に共感する部分も多かったようで「食事を大事にし、笑いを大事にし、そして娘のはなちゃんを大事にするという三本柱があるから、地に足がついている」と語る。

撮影はこれからであり、はなちゃん役のオーディションは現在も進行中だが「ドラマとも原作とも違う映画になる予感がしています。絶対にいい映画になります。泣かせるでも考えさせるでもなく、笑い泣きする温かい映画をみんなで作りたいです」と意気込みを口にした。

はなちゃんは、現在もお母さんから教わったみそ汁を毎朝、作っているそうだが、この日は登壇陣と報道陣のためにわざわざみそ汁を作り振る舞ってくれた。みそも手作りで「かつおぶしと昆布でだしを取って、油揚げとワカメと豆腐を入れました」とやや緊張した表情で語ったが、広末さんや滝藤さんの「おいしい!」「すごい」という絶賛の声に嬉しそうな笑みを浮かべていた。

亡くなった母の役を演じる広末さんと初めて対面し「お母さんは広末さんみたいに、そんなに美人じゃないけど…笑顔がとても似ていると思います」と少し照れくさそうに語る。広末さんは「勝手に抱きしめたくなっちゃいました!」と愛情あふれる眼差しではなちゃんを見つめていた。

千恵さんが生前、大好きだったという「ハナミズキ」を歌う一青さんは本作のために新たに主題歌を手がける上、広末さんの姉の役で出演もする。「はなちゃんと一緒に話して(曲のイメージを)膨らませていきたい」と語る。また自身の母親の看病が満足に出来なかったという悔いが心の中にあるそうで「(映画の中で)千恵を目いっぱい看病したいです」と言葉に力を込めた。

『はなちゃんのみそ汁』は2015年秋、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top