ジョージ・クルーニー主演、ウォルト・ディズニーが遺した“極秘プロジェクト”を映画化

映画

『トゥモローランド』 (C)2014 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
  • 『トゥモローランド』 (C)2014 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.
  • ジョージ・クルーニー-(C) Getty Images
  • ヒュー・ローリー -(C) Getty Images
ウォルト・ディズニー社の保管庫から発見された様々な資料を原案に、極秘プロジェクト「1952」として水面下で温められていた新作映画のタイトルが、『トゥモローランド』に決定。本日、ウォルト・ディズニーの誕生日にジョージ・クルーニー主演で2015年6月6日(土)に公開されることが明らかとなった。

本作は「ウォルト・ディズニーが未来に託した夢」と語られる数々の資料を基に映画化。『Mr.インクレディブル』『レミーのおいしいレストラン』で2度アカデミー賞受賞を果たし、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』で鮮烈な実写デビューを飾ったブラッド・バードが監督と脚本を務め、大人気TVシリーズ「LOST」を始め、『プロメテウス』『スター・トレック』シリーズの脚本を手掛けてきたデイモン・リンデロフが共同脚本・製作というタッグで、この極秘プロジェクトの実現に挑む。

本作のタイトルである“トゥモローランド”とは、日本を始め、各国のディズニーランドのテーマパークとしても知られる“未来の世界”。だが、本作では、私たちが簡単に想像できるような“未来”とはかけ離れた、未だかつて目にしたことがないような世界が描かれているという。

実力ある2人のクリエイターが創り出す、“未来の世界”で起こるストーリーの全貌はまだ明かされておらず、“未来を夢見る”17歳の女の子と、“トゥモローランド”の存在を知る男が、イマジネーションあふれる未知な世界に迫るということだけが判っている。

その“トゥモローランド”の存在を知る男・フランク役を演じるのは、「これまでに出演したどの映画よりも規模が大きい」と語るハリウッドを代表するスター、ジョージ・クルーニー。また、“未来を夢見る”少女・ケイシー役にはスティーヴン・キング原作の人気TVシリーズ「アンダー・ザ・ドーム」のブリット・ロバートソン。

さらに、役柄等は全く発表されていないが、TVシリーズ「Dr.HOUSE」のヒュー・ローリーや、『スノーホワイト』のラフィー・キャシディといった魅力的なキャストたちが脇を固めている。

ウォルト・ディズニーが私たちに用意していた“未来の世界”とは? いまだベールに包まれたディズニー最大の秘密”に、今後も目が離せない。

『トゥモローランド』は2015年6月6日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top