嵐・大野智、結成15周年の今年を“号泣”でふり返る「よく泣いた」

最新ニュース

アイドルグループの「嵐」(大野智・櫻井翔・相葉雅紀・二宮和也・松本潤)が2日、フジテレビの湾岸スタジオで「新春・嵐キャンペーン アラおめ!2015」の記者発表会見に、羊を模した帽子に袴姿で出席した。

今年をふり返って「個人的にめでたかった事」を聞かれた松本さんは、「僕自身の事ではないけれど、小栗旬くんとかもそうですけど、周りの友人たちに子どもが出来たことがおめでたい。(そんな友人たちと)遊ぶときに子どもが増えてきたのもおめでたいですね」とシミジミ。

一方、「嵐」結成15周年を迎えた今年をふり返ってリーダーの大野さんは「(おめでたいことは)山ほどありましたね。あっという間に今年が過ぎた感があって、よく泣いた思い出がある。(普段)そんなに泣くこともないので、貴重な1年でした」とデビュー15周年を記念して放送された「VS嵐」のハワイSPなどでの号泣をふり返ると、二宮さんは「15周年だからこそ出た涙ですよね」とリーダーの気持ちを慮っていた。

同キャンペーンは、12月22日(月)から来年1月3日(土)まで、フジテレビ系で「嵐」出演番組や関連CMを集中的に放送するもので、名称を昨年までの「福嵐」から「アラおめ!」にリニューアル。

1月3日は情報バラエティ「2015年先取り博覧会 あらし予報」(16:15~)を皮切りに、「VS嵐2015賀正 新春豪華2本立てSP」、櫻井さん主演の新春ドラマSP「大使閣下の料理人」など嵐メンバー出演番組を7時間15分連続放送する。キャンペーン期間中の総合放送時間は24時間24分で、同系史上最大時間数の編成になっている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top