【インタビュー】国民的美少女グランプリ・吉本実憂、女優開眼のきっかけは「目立たない」劣等感

最新ニュース

第13回「全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの吉本実憂/photo:Hayato Ishii
  • 第13回「全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの吉本実憂/photo:Hayato Ishii
  • 吉本実憂の初主演映画『ゆめはるか』/(C)「ゆめはるか」製作委員会
  • 吉本実憂の初主演映画『ゆめはるか』/(C)「ゆめはるか」製作委員会
  • 第13回「全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの吉本実憂/photo:Hayato Ishii
  • 吉本実憂の初主演映画『ゆめはるか』/(C)「ゆめはるか」製作委員会
  • 吉本実憂の初主演映画『ゆめはるか』/(C)「ゆめはるか」製作委員会
  • 第13回「全日本国民的美少女コンテスト」グランプリの吉本実憂/photo:Hayato Ishii
第13回全日本国民的美少女コンテストグランプリの吉本実憂が、映画『ゆめはるか』で映画初主演を飾る。連続ドラマ「獣医さん、事件ですよ」、大河ドラマ「軍師官兵衛」と今年から女優活動を本格化させ、グランプリ獲得後は難なく煌びやかな道を歩んでいるように見える。ところが吉本さん本人は、女優挑戦への思いを“悔しさ”とともにふり返る。2012年のグランプリ獲得後の彼女に、一体何があったのか。

“女優開眼”が吉本さんを襲ったのは、後にリーダーを務めることになるグループ「X21」のメンバーたちとのレッスン時。「グランプリになってすぐ、お芝居、歌、ダンス、語学、立ち振る舞いなどのレッスンをしました。自分はその時どれに関しても目立たない存在で、特に21人の中で一番体が固かったんです」とふり返る。しかし、その事実に対して吉本さんは「自分だけ体が固い写真を見せられた時に思ったのが『自分、固すぎる』ではなくて『皆、柔らかすぎる』でした。自分の固さを認めたら成長できたはずなのに、そう思うことをしなかった」と棚上げ思考を発揮してしまう。

見て見ぬふりという逃げ腰に“グランプリ”というプライドは、大きく揺さぶられた。それからというもの「レッスンを受けながら『私はどうしてグランプリをもらえたのだろうか?』と思い悩むようになった」という。

苦悩の中、未だかつて感じたことのない感情を吉本さんは覚えるーーそれこそが“悔しさ”であった。「最初は『何この気持ち!?』でした。でも、それは今まで悔しさを感じるほど、物事に没頭したことがなかったということ。その感情を一番に与えてくれたのがお芝居。そこから演技を追求したい、挑戦したいという気持ちを持つようになりました」。劣等感と挫折が闘志となり、いつしか“悔しさ”が演じる“喜び”へと変わっていく。

コンプレックスだった人見知りも、どこかへ吹き飛んだ。「昔から意見の言えない人間だったけれど、女優として出演した作品の話や役の話を人にするのが楽しくて、人と関わることも好きになった」と声を弾ませる。変化に驚いているのは、ほかでもない吉本さん自身だ。「グランプリをもらってからの2年間は早かったですね。長生きするとしても、人生の中で1、2を争うくらいの濃い時期はこの2年間だったと言えるはず」と実感を込める。

映画初出演にして初主演作となる『ゆめはるか』では、難病と闘う女子高生という難しい役どころを等身大かつ物おじせずに堂々と演じ切っている。「メイクをしてもらって、撮影現場まで歩いている時が一番緊張しました。でも『スタート!』って監督から言われると、周りも気にせずにサーっと役に入り込んでいた」と手応えはある。

それでも「モニターで自分の演技を確認するたびに、もっと出来たんじゃないか? と反省や悔しさを感じた」と追及姿勢は初心貫徹だ。女優としての目標はある。でもあえて言わない。「目標って、会社でいうところの企業秘密のようなもの。マネージャーさんにも、家族にも言っていないんです。それを言ってしまったら、自分の魂を取られてしまうような気がして」とはにかみながらも、眼差しは真剣そのもの。

2015年には、ヒロイン役に抜擢された映画『罪の余白』の公開も控えている。「新しいことに挑戦したとしても、上手くいかないこともある。自分の成長すら実感できない時だって。でも女優業って、終わりのない成長を求める仕事だと思う。新しいことへの挑戦に対しての恐怖はほとんどありません」と、これからも前進あるのみだ。

映画『ゆめはるか』は12月13日より全国公開。
《text&photo:Hayato Ishii》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top