福士蒼汰×有村架純『ストロボ・エッジ』主題歌で、新10代ユニット「whiteeeen」デビュー

映画

福士蒼汰&有村架純『ストロボ・エッジ』-(C) 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • 福士蒼汰&有村架純『ストロボ・エッジ』-(C) 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • 有村架純&福士蒼汰『ストロボ・エッジ』-(C) 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • 福士蒼汰&有村架純『ストロボ・エッジ』-(C) 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • 『ストロボ・エッジ』-(C) 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
  • 『ストロボ・エッジ』×『アオハライド』/(C) 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C) 咲坂伊緒/集英社
  • 『ストロボ・エッジ』キャスト-(C) 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
福士蒼汰と有村架純を主演に迎え、咲坂伊緒の大ヒット少女コミックを実写映画化する『ストロボ・エッジ』。先日、主題歌が「GReeeeN」の「愛唄」に決定し、その曲を歌う女性シンガーをオーディションで決めることが発表されたが、このほど「GReeeeN」のメンバーによって選ばれた4人の10代の女の子たちが発表。さらに、その女の子が本作でボーカルユニット「whiteeeen(ホワイティーン)」としてデビューすることも明らかとなった。

今回のオーディションは、GReeeeN LINE公式アカウント(登録者数約217万人 ※12月11日時点)に歌唱動画を投稿するという形で行われ、42万5901人に上るエントリーの中から11人の最終候補者が選ばれ、面接と公式アカウント内での一般投票を経て、今回の4人が選ばれた。オーディションを審査した「GReeeeN」メンバーとプロデューサーJINが今回、最も大事にした審査基準は「声」だったそうで、歌唱力だけではなく、無垢な透明感のある声を探し続けたそう。

そうして本作をきっかけに「whiteeeen」としてデビューを果たすこととなる、meri(メリ/15歳)、kana(カナ/15歳)、hima(ヒマ/16歳)、noa(ノア/17歳)の4人の少女。ユニット名は、「white(白)」と「teen(10代)」を合わせ、さらに4つの「e」は「GReeeeN」と同様にメンバーの人数、笑顔の歯をイメージして名づけられたそうだ。カヴァーする映画主題歌の正式タイトル名は「愛唄~since 2007~」。新しく生まれ変わった「GReeeeN」の名曲を、彼女たちがどんな声で歌い上げるのか注目だ。

また「愛唄~since 2007」を起用した新予告編は、12月13日(土)の全国東宝系劇場にて上映され、映画公式サイトでも視聴がスタートする予定だ。

映画は、まだ恋を知らない高校1年生の木下仁菜子(有村架純)が、ある帰り道の電車の中、学校中の女子から絶大な人気を誇る同級生・一ノ瀬蓮(福士蒼汰)と出会ったことから動き出す青春ラブストーリー。クールに見えた蓮の優しい言動、笑顔に仁菜子はいままで感じたことのない気持ちを感じ、自分が蓮に恋をしていると気付く。しかし、蓮には中学の時から付き合っているという年上の彼女・麻由香(佐藤ありさ)がいた…。

『ストロボ・エッジ』は2015年3月14日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top