金ロ『ダークナイト ライジング』でバットマン&キャットウーマン等身大フィギュアが当たる放送連動企画

最新ニュース

12月12日(金)21時から、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で『ダークナイト ライジング』を放送。無料のスマートフォン用アプリ「フリフリTV」では、バットマンとキャットウーマンの等身大フィギュアが各1名に当たるキャンペーンを実施。アプリを起動し、放送中にキャットウーマンが登場したタイミングでスマホをフリフリする(振る)とポイントが貯まり、プレゼントに応募することができる。

本作は、クリスチャン・ベールがバットマン=ダークナイトを演じた、クリストファー・ノーラン監督版の「バットマン」シリーズ第3弾。人気キャラクターのキャットウーマンを「レ・ミゼラブル」でオスカー女優となったアン・ハサウェイが演じるほか、豪華キャストが夢の競演を果たし、バットマン最後の戦いが壮大なスケールで描かれる。

[ストーリー]地方検事のハービー・デントが犯した罪を被ったダークナイト=バットマン(クリスチャン・ベール)が姿を消してから8年。ゴッサム市警本部長のゴードン(ゲイリー・オールドマン)は良心の呵責に耐えながらもバットマンとの約束を守り、真実を隠し続けていた。ゴッサム・シティにはかりそめの平和が訪れ、バットマンとして戦い心身ともに深く傷ついたブルースは、自宅で隠居生活を送っていた。そんなある日、彼の指紋を手に入れるためにセリーナ(アン・ハサウェイ)という美女が屋敷に忍び込んだ。同じ頃、ゴードンが瀕死の重傷を負い、バットマンを正義だと信じる警官のジョン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はブルースの元へ。彼から助けを求められたブルースはバットマンの復活を決意するが、敵がブルースに恨みを持つ元傭兵のベイン(トム・ハーディー)だと知った執事のアルフレッド(マイケル・ケイン)から猛反対を受ける。

そんな中、ベインが証券取引所を急襲。ブルースはバットマンとして8年ぶりに現場に向かうが、ベインを取り逃がしてしまう。その後、セリーナが盗んだ指紋が原因で破産に追い込まれた上、セリーナとベインの罠にハマって再起不能なほど叩きのめされる敗北まで味わう。さらに地下牢獄で死ぬより辛い「現実」を目にすることに。ベインはブルースの財団で開発中の核融合炉を使って、ゴッサム・シティを壊滅させようとしていたのだ! ブルースから財団を託されたミランダ(マリオン・コティヤール)は、凶悪なベインを前に抵抗することができない。絶体絶命の状況の中、バットマンは世界の危機をどうやって救うのか!?

関連リンク
【セクシー写真も】「フリフリTV」で「全日本フリフリ甲子園」開催!谷桃子、エスパー伊東、志茂田景樹、倉持由香らと対戦してハワイ旅行をGET
「フリフリTV」×『ダークナイト ライジング』キャンペーン詳細
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top