濱田龍臣、14歳で身長は「173センチ」 イケメンに成長したと話題!

最新ニュース

長身イケメンに成長した、濱田龍臣/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
  • 長身イケメンに成長した、濱田龍臣/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
  • 濱田龍臣/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
  • 濱田龍臣&マギー&前田旺志郎(まえだまえだ)/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
  • 前田旺志郎(まえだまえだ)/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
  • 濱田龍臣/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
  • マギー/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
  • 前田旺志郎(まえだまえだ)/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
  • 前田旺志郎(まえだまえだ)/『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』PRイベント
濱田龍臣が12月15日(月)、都内で行われた『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』のPRイベントに出席した。イケメンに成長したと話題を集める現在14歳の濱田さんは、「身長も173センチになりました」と明かし、同席した同い年の前田旺志郎を驚かせた。

14歳の演技未経験の少年が主演を務めた本作にちなみ、同じく14歳の濱田さんと前田さんが出席したこの日のイベント。まずは14歳らしいファッションで登場した後、大人びた雰囲気に衣装チェンジし、いかに自分が大人っぽいかをアピールすることに…。

ブラックを基調にしたファッションでキメた濱田さんは「普段はあまりかぶらない帽子に挑戦した」と誇らしげ。一方、前田さんは「僕も黒っぽい服を選びました。綾野剛さんみたいでしょ?」とドヤ顔を披露したが、濱田さんとの身長差が話題にあがると「それを言われたら…」と苦笑いを浮かべていた。

濱田さんは人気子役として、大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬の幼少役や、実写版『怪物くん』で市川ヒロシ役を演じたことで注目され、現在も俳優として幅広く活躍中。片や前田さんは兄弟漫才コンビ「まえだまえだ」のボケ担当。本業に加えて、『奇跡』『超高速!参勤交代』『海街diary』など話題の映画に出演し、演技力を発揮している。

映画は『リトル・ダンサー』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のスティーヴン・ダルドリー監督の最新作。リオデジャネイロ郊外で毎日ゴミを拾って生活している3人の少年が、ある日、ゴミ山の中で、世界を揺るがす重大な秘密が隠されていた財布を拾い、自らの信念に基づき、秘密を解明しようと決心する姿を描いた。

イベントには大人っぽく変身した濱田さんと前田さんを“審査”するため、タレントのマギーが駆けつけ、「やっぱり黒を着ると一気に大人っぽいですね。私の想像以上に大人びていて、いつの間にこんなに大人になったんですか!?」と驚きの表情。マギーさん本人は14歳のとき、バスケ部に打ち込んでいたそうで「部活一筋のスポーツ少女。男勝りで負けず嫌いでしたが、好きな男子もいましたよ。野球部のピッチャーで、笑顔が可愛かった」と明かしていた。

『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』は2015年1月9日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top