【予告編】新垣結衣、猛特訓のピアノでショパンを初披露!『くちびるに歌を』

映画

『くちびるに歌を』ポスタービジュアル -(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 -(C) 2011 中田永一/小学館
  • 『くちびるに歌を』ポスタービジュアル -(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 -(C) 2011 中田永一/小学館
  • -(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会  -(C) 2011 中田永一/小学館
  • 『くちびるに歌を』-(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 -(C) 2011 中田永一/小学館
  • 『くちびるに歌を』第1弾ポスタービジュアル -(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 -(C) 2011 中田永一/小学館
現在公開中の『アオハライド』を始め『陽だまりの彼女』『ホットロード』など青春映画の名手として知られる三木孝浩監督が、ドラマ・映画・CMなどで活躍中の女優・新垣結衣を初の教師役で主演に迎え、新境地を引き出した『くちびるに歌を』。このたび、アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」に乗せた爽やかな予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

舞台は、長崎県・五島列島の中学校。ある日、天才ピアニストだったと噂される臨時教員の柏木先生(新垣結衣)が、東京からやってくる。田舎の合唱部でコンクール出場を目指す中学生たちは、都会からやってきた柏木に憧れと期待を寄せるが、彼女にはピアノを弾けない理由があった。だが、やがて合唱部の顧問となった柏木先生は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていて…。

その可憐なイメージから、どちらかと言えば守ってあげたくなるようなヒロインや、初々しい学生役の印象が強い新垣さんだが、今回初挑戦となった教師の柏木は、初対面の生徒に対してもクールに接するワケあり風の美人ピアニスト。トレードマークとも言える笑顔を封印、役作りのためにピアノ未経験ながら3か月かけてトレーニングに励み、ショパンやベートーベンの曲にも挑戦したという。

今回解禁された予告映像では、そんな猛練習の成果である演奏シーンも登場。さらに、柏木の見守る生徒たちがそれぞれ抱える問題が明らかになり、15歳という多感な時期の少年少女たちの瑞々しい姿が五島列島の自然を背景に描き出されている。



また、同じくこのほど解禁されたポスタービジュアルには、穏やかに微笑む新垣さんや生徒たちとともに「大っ嫌いなあなたたちが教えてくれたこと」という、ちょっとドキッとするコピーが登場。「私のピアノは誰も幸せにしない」と言った彼女が忘れられない過去とは? いつも元気に見える子どもたちがそれぞれ背負う、誰にも言えない悩みや心の傷とは? 柏木と生徒たちは、心を通わせることができるのか…。

まずはこの予告編から、新垣さんの天才ピアニストぶりとその新境地をご覧あれ。

『くちびるに歌を』は2015年2月28日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top