新井浩文、“水抜き”&ササミで肉体改造!『百円の恋』で“超ダメンズ”ボクサーに

映画

超ダメンズなプロボクサーを熱演した新井浩文/『百円の恋』 (C)2014東映ビデオ
  • 超ダメンズなプロボクサーを熱演した新井浩文/『百円の恋』 (C)2014東映ビデオ
  • 超ダメンズなプロボクサーを熱演した新井浩文/『百円の恋』 (C)2014東映ビデオ
  • 超ダメンズなプロボクサーを熱演した新井浩文/『百円の恋』 (C)2014東映ビデオ
  • 新井浩文&安藤サクラ/『百円の恋』Q&A in 第27回東京国際映画祭
  • 新井浩文&安藤サクラ&武正晴(監督)&足立紳(脚本)/『百円の恋』Q&A in 第27回東京国際映画祭
唯一無二の名優、故・松田優作氏の志を受け継ぐクリエイターを発掘すべく新設された、山口県の周南映画祭・第一回「松田優作賞」でグランプリに選出された脚本を、安藤サクラ主演で実写化した『百円の恋』。本作で、安藤さん演じるヒロイン・一子の恋の相手である“超ダメンズ”プロボクサー・狩野役を務めた新井浩文の“肉体改造”ビジュアルが到着。その過酷な役作りの日々を語るコメントも到着した。

32歳にして仕方なく実家を出る羽目になり、百円ショップで深夜労働につきながら暮らすヒロイン・一子(安藤サクラ)。仕事帰りに通るボクシングジムで、寡黙に練習するプロボクサーの狩野(新井浩文)と恋に落ち、ふたりの幸せな日々が始まる…はずだったが、現実はそう甘くなかった!?

新井さん演じる狩野は、引退間近のプロボクサー。ボクシングの練習に励む姿はバイト帰りの一子が惚れるほどのストイックさを醸し出しているものの、実はその正体は “超ダメンズ”! 近年、『永遠の0』から『愛の渦』まで数えきれないほどの作品に出演しつつも、役の数だけ違う顔を見せる個性派俳優にぴったりの、独特の存在感を持ったキャラクターとなっている。

新井さんはプロボクサーにみせるための肉体改造に3か月の月日を費やし、2日間水すら摂らない“水抜き”生活や食事を鶏のササミに変更するなど、本物のボクサー並みの本格的なメニューを経て撮影に挑戦。試合シーンの相手役を務めた、プロボクサーで元日本チャンピオンの和宇慶勇二も「本番のときに新井さんから『本気でいっていいですか?』って聞かれて。とは言いつつも怪我させちゃいけないって意識していたんですけど、試合が始まってみると、(パンチを)もらったら倒れるなって思いました(笑)」と太鼓判を押すほど、身体共にボクサーへと変化を遂げていた様子だ。

また、劇中には新井さんが餃子とビールを貪り食べるシーンもあるが、実際にその場面は新井さんの減量明けでもあったそう。「あれは本当にガチで食べてるんですよ。それまでササミ生活だったのが、本当にあの撮影が普通の食事の解禁だったんです。本当に美味しかった」と撮影時をふり返る新井さん。そのシーンは、「本当にガッツいてる様子が撮りたかった」という武正晴監督も大満足の仕上がりとなったようだ。

女と男の挫折と再生という普遍的なテーマに挑みながらも、人間の弱さと強さをまっすぐに描いた本作。新井さんも渾身の役作りで挑んだ “超ダメンズ”ボクサーぶりを、劇場でも確かめてみて。

『百円の恋』は12月20日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top