貫地谷しほり、峰なゆか原作の新ドラマ『女くどき飯』で彼氏いない歴5年のアラサー女子役に!

最新ニュース

女優の貫地谷しほりが、「アラサーちゃん 無修正」などの代表作を持つ漫画家・峰なゆか原作の新ドラマ『女くどき飯』(MBS/TBS系ネット、2015年1月スタート)で主演を務めることがわかった。

同ドラマの原作は、峰が飲食店情報検索サイト「ぐるなび」内で月イチ連載している同名漫画。一般募集で選ばれた男性と実際にデートをする峰が、さまざまな飲食店での食事を通じて、好みのタイプや恋愛観を男性から聞き出し、女性ならではの視点で男性を丸裸にする“ご飯デート漫画”だ。貫地谷が演じるのは、彼氏いない歴5年の駆け出しフリーライター(29歳)。ひょんなことから立ち上がった連載記事のため、実在の店でさまざまな男性とご飯デートを重ねることに。アラサー女子が理想の男性を追い求める姿が、毎話男性ゲストを迎えて描かれる。監督には宝来忠昭(「孤独のグルメ」、「めしばな刑事タチバナ」)、脚本には北川亜矢子(「たべるダケ」、「ショムニ2013」)、制作プロダクションにはアットムービー(「深夜食堂 (第一部)」、「みんな!エスパーだよ!」)と、強力なスタッフ陣も揃っている。

貫地谷は「普段のお店選びは友達任せの私ですが、食べる事が本当に大好き。実際のお店との連動企画があるということで、とても楽しみにしています。29歳最初の作品になるので、等身大のギリギリ感を楽しみたいです」とコメント。峰は「初対面の男性と次々にデートするというシチュエーションは同じなのに、海千山千の私と、彼氏いない歴が長いドラマの主人公とではまったく違う展開になりそうで、いち視聴者として楽しみです」と期待を寄せる。

[あらすじ]神林恵(貫地谷)は、3ヶ月後に30歳の誕生日を控えながらも、5年間彼氏がおらず、結婚に焦りを感じ始めた駆け出しのフリーライター。ある日、懇意にしている雑誌編集者から「応募者の独身男性が提案する店で食事をしながら口説かれよう!」という連載企画を持ちかけられる。ギャラの大半を外食、しかもひとり飯につぎ込み、飲食店に関する膨大な知識量を持つ恵は「もし気に入ったら、そのまま口説き落とされちゃってもいいからね」という編集者の言葉もあり、「タダで美味い飯が食える!」、「しかも出会いのチャンス!」とふたつ返事で承諾する。こうして「『女くどき飯』~私をゴハンに連れてって~」という、かなり悪意のある見出しのもと、相手男性の募集が始まった……。

■新ドラマ『女くどき飯』
2015年1月25日スタート(MBS)
毎週日曜24:50~
2015年1月27日スタート(TBS)
毎週火曜25:11~

【出演】貫地谷しほり
【原作】峰なゆか
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top