【予告編】落ち目の元スーパーヒーロー『バードマン』、賞レースでは“主役”に!?

映画

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』-(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』-(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ポスタービジュアル -(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』-(C) 2014 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
  • エマ・ストーン -(C) Getty Images
  • エドワード・ノートン-(C) Getty Images
2015年1月11日(現地時間)に授賞式が行われる第72回ゴールデン・グローブ賞で、「作品賞」「主演男優賞」(コメディ/ミュージカル部門)など最多7部門にノミネートされた『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。アカデミー賞最有力との呼び声の高い本作から、ついに日本版予告編が公開された。

俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、かつてはスーパーヒーロー映画『バードマン』でスターの頂点へのぼりつめたが、いまではいわゆる“落ち目の俳優”に成り下がっていた。再起をかけたブロードウェイの舞台では、出演者がケガで降板して出鼻をくじかれ、代役の実力派俳優マイク(エドワード・ノートン)は、しだいに彼の脅威となる。疎遠だった娘(エマ・ストーン)には愛情は伝わらず、無意識に舞台の役柄に自分自身を重ねていくリーガン。公私にわたり精神的に追い込まれる彼を、やがて“バードマン”までが扇情していく…。

このたびお披露目された日本版予告編は、マイケル・キートン演じるリーガンが、舞台裏を黙々と歩くシーンから始まる。



そしてどこからともなく聞こえる声…。再起をかけて舞台に立った彼だが、どうも状況はよくないらしい。さらにはエマ・ストーン演じる娘からの辛らつな言葉。もう一度愛されたい、スポットライトを浴びたいと願い、もがく、“落ち目の俳優”リーガンからは、思いどおりにならないことへの焦燥感が漂っている。そして現れる、彼を煽るかのようなあやしい翼を持つ男! ニューヨークの真ん中で、現実と幻想が交差し、何層にもひねられたドラマティックなダーク・ファンタジーが展開されていく。

監督は、『バベル』でカンヌ国際映画祭「監督賞」に輝いたアレハンドロ・G・イニャリトゥ。これまでシリアスな人間ドラマを作り続けてきた彼が、初のブラック・コメディに挑戦した。そして、撮影は『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞を獲得したエマニュエル・ルベツキ。まるで全編ワンカット長回しに見える映像は圧巻。ふたりの天才が初タッグを組み、批評家たちをうならせる最高傑作を生み出した。

まずは、こちらから胸騒ぎが聞こえてきそうな予告編をご覧あれ。

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』は2015年4月よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top