駒沢に新ブーランジェリー誕生! 本格フランスパンやふんわり大ぶりのクロワッサン

最新ニュース

ゆっくり、時間をかけてつくる“フランスサイズ”のクロワッサン。
  • ゆっくり、時間をかけてつくる“フランスサイズ”のクロワッサン。
  • こだわりのフランスパン。
  • ボンヌール・メゾン駒沢本店。11月29日(土)オープン。
カラフルなロールケーキを積み上げたロールタワーで人気のスイーツショップ「イリナ」の手掛ける新しいブーランジェリー「ボンヌール・メゾン(BONHEUR MAISON)」が、東京世田谷区・駒沢に11月29日(土)オープンした。

閑静な住宅街の中に、小洒落たレストランやカフェ、雑貨店、有名スイーツなどが点在する駒沢エリアに、新たなブーランジェリーの誕生だ。「ちょっとパンを買いに」とお出かけしたくなる日が増えそうだ。

店名の「ボンヌール・メゾン」とはフランス語直訳で、“幸せの家”を意味している。店は、白壁を基調としたフレンチシックな外観で、大きなショーウィンドウから差し込む光で明るい店内には、同店がこだわりをもって焼き上げるフランスパンや自慢のクロワッサンを始め、デニッシュ、バゲット、テーブルロールなど各種パン、ペイストリーが豊富に並ぶ。

フランス・パリで修業を積んだシェフによるこだわりのフランスパンは、フランスのパン職人なら知らない人はいないという、ボンガード社製のオーブンを使用して焼き上げる。

大ぶりなフランスサイズのクロワッサンは、ほんのりとした甘みがやさしい味わいだ。一晩寝かせた生地をフレッシュバターとパン生地を重ねて成型し、さらにもう一晩休ませる。3日間かけてじっくり仕込み、最後にフランス製オーブンでふっくらと焼き上げた手間暇かけたひと品。

フランス産とカナダ産の2種類の粉をブレンドすることでキメ細かい弾力のある生地に仕上げた食パンも、リピーター続出の人気商品だ。口どけがよく、ちょっと甘めの味わいが朝の食卓の定番にもぴったり。

そのほか、サクサクの生地になめらかな卵クリームが絶妙な「エッグタルト」や、甘さ控えめなのに濃厚でしっとりとしたあじわいのシュークリームなど、手土産にしたら喜ばれそうなプチスイーツも用意されている。

営業時間は9時~20時。定休日は月曜日(祝日の場合は翌日休み)。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top