A.B.C-Z戸塚祥太、桐谷美玲と“イケナイ恋”!? 映画デビューで歌声披露も

映画

桐谷美玲主演『恋する・ヴァンパイア』
  • 桐谷美玲主演『恋する・ヴァンパイア』
  • 桐谷美玲主演『恋する・ヴァンパイア』
女優・モデル・キャスターと幅広い分野で活躍し、米国の映画情報サイトが発表した「世界で最も美しい顔100人」の8位にランクインした、桐谷美玲がヴァンパイア役に挑戦する映画『恋する・ヴァンパイア』。この度、本作にアクロバティックなパフォーマンスや華麗なダンスを得意とする個性派ユニット「A.B.C-Z」の戸塚祥太が出演することが明らかになった。

世界一のパン職人になる夢を持つ、キイラ(桐谷美玲)。オシャレも友だちとのおしゃべりも大好きな、どこからどうみても普通の女の子。でもたったひとつ、人と違うこと。それは、“ヴァンパイア”の血を持って生まれたこと。毎日のように遊ぶ、意中の男の子・哲にも、このことだけは秘密だった。

そして8年後。キイラがアルバイトをするパン屋に、偶然哲が訪れる。初恋相手との再会を喜ぶキイラ。デートを重ねて、いつかは結婚して、子どもを産んで…と夢は膨らむけれど、ヴァンパイアであるキイラの悩みは募るばかり。恋に、夢に夢中な女の子・キイラと哲の恋の行方は――?

戸塚さんが演じるのは、桐谷さん扮するキイラの初恋の相手役・哲。キイラの一途な想いに、次第に惹かれていく哲だが、ただその相手は、好きな人の生き血を求めて生きる“ヴァンパイア”。さらに、哲の両親はヴァンパイアに殺されたという悲しい過去もあり、その複雑な感情も見事に演じ切った。

今回の出演が決まって「ジャニーズJr.の頃からずっとずっと夢の1つとして掲げていた映像世界への参加が叶い、飛び上がるほどの感動と、みなさんの足手まといにならないようにという、緊張感や気負いがいい具合に混ざり合い、すこぶるバランスの良い状態を保てたと思います。まだまだ未熟者な僕ですが今後も大好きな映画の世界に参加出来るように日々自分を磨き、日本の映画界に少しでも貢献したいです」と意気込みを語った。

初共演となる桐谷さんについては、「現場では、常に落ち着いていて。スタッフさんの要求にもすぐに応じていてプロだなぁ~。と思いました。その一方、お弁当の時間になると女性陣で盛り上がっていたりと。強さと可愛さを兼ね備えた方だなぁという印象を受けました」と語った。

戸塚さんの役柄は小さいころから歌手を目指しているという設定で、劇中では、その甘い歌声も披露する場面もあるとか。桐谷さんとの“イケナイ恋”に注目を集めそうだ。

『恋する・ヴァンパイア』は4月17日(金)よりTOHOシネマズ新宿(オープニング作品)ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top