六本木ヒルズで“ムーミンワールド”炸裂の連動イベント開催

最新ニュース

ムーミンイベント (C)2014 Handle Productions Oy &Pictack Cie (C) Moomin Charcter TM
  • ムーミンイベント (C)2014 Handle Productions Oy &Pictack Cie (C) Moomin Charcter TM
  • 「ムーミンママのお料理の本」表紙 (C) Moomin CharactersTM
  • メイキングオブ展 (C)2014 Handle Productions Oy &Pictack Cie (C) Moomin Charcter TM
  • 「ムーミンパパのお気に入りりんごパイ」。
  • 「ムーミンママの風邪退治ジュース」
  • 上から、ムーミン屋敷の冬サラダ(ロソッリ)Losolli」、「美味ほうれん草のご飯」、「きのこシチュー」
  • 「オリジナルムーミンプレート」 (C) Moomin CharactersTM
  • シネマサロンイメージ (C)  2014 Handle Productions Oy & Pictack Cie Moomin Charcter TM
六本木ヒルズでは、2月13日(金)より全国公開する『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』にあわせて、1月30日(金)~3月15日(日)の期間、『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』公開記念「Roppongi Hills meets Moomins」を開催する。

懐かしのアニメに、「楽しいムーミン一家」を挙げる人も多いことだろう。日本ではお馴染みのムーミン。原作は、北欧はフィンランドの作家トーベ・ヤンソンが執筆した「ムーミン」シリーズだ。万人に愛される可愛らしさと、摩訶不思議で独特なムードを併せ持つムーミンを初めとする、個性的なキャラクターたちに彩られたムーミンワールドは、いつの時代も子どもから大人までが引き込まれる魅力がある。

巷ではここ数年の北欧ブームを後押しして、ムーミンブームが再燃している模様。書籍や映像など物語としてだけでなく、雑貨やインテリアのテキスタイル、デザインとしても北欧テイストが盛り込まれたムーミングッズの魅力が注目されている。

『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』は、原作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年を記念として、母国フィンランドにて初めて製作された長編アニメーション映画。ムーミン一家は、ムーミン谷を抜け出し、南の海へとバカンスにやってくるが、わくわくしていた気分もつかの間…と、ドキドキわくわくのムーミンワールドがカムバックする。

映画と連動して開催されるイベントでは、映画の原画や画コンテのほか本邦初公開となる貴重な素材の展示を初め、六本木ヒルズ限定の映画公開記念グッズの販売や、フォトスポットの設置、レストランとのコラボレーションメニューの提供、映画をイメージしたカフェの展開などで、ムーミンと映画の魅力をたっぷり楽しめる。

2月17日(火)~3月1日(日)の期間は、ヒルズ カフェ/スペースにて、映画の中に登場するリビエラのホテルを彷彿とさせる空間を、「ムーミンカフェ」とのコラボレーションで実現。「オリジナルムーミンプレート」(1,200円)や、映画をフィーチャーした六本木ヒルズ限定デザインの「シルエットラテ」(650円)なども登場する。

また、1月30日(金)~3月1日(日)までは、六本木ヒルズ内のレストランやカフェ10店舗では、ムーミンママが作るムーミン谷のごちそうレシピを集めた本「ムーミンママのお料理の本」の中で紹介されているレシピを参考にしたメニューを展開! 「ムーミン屋敷の冬サラダ(ロソッリ)Losolli」(1,296円)や、 「ムーミンママの風邪退治ジュース」(450円)、「ムーミンパパのお気に入りりんごパイ」(780円)など、まるでムーミン谷に遊びに来たような気分に浸れるかも。お料理を食べたら、ぜひ料理本もチェックを。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top