永瀬正敏“感動サプライズ”に感無量!坂井真紀は感涙

海外ドラマ

永瀬正敏&坂井真紀&チェン・ビンホン&マー・ジーシアン(監督)/『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
  • 永瀬正敏&坂井真紀&チェン・ビンホン&マー・ジーシアン(監督)/『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
  • 熱い抱擁を交わす、永瀬正敏&マー・ジーシアン(監督)/『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
  • 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
  • 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
  • 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
  • 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
  • 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
  • 『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』初日舞台挨拶
台湾映画『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』の初日舞台挨拶が1月24日(土)に行われ、主演の永瀬正敏と共演する坂井真紀が出席。台湾からマー・ジーシアン監督とチェン・ビンホンが急遽駆けつけると、永瀬さんは「暖かいですね」と感無量。坂井さんは感涙していた。

日本統治下の1931年、台湾代表として夏の甲子園に出場し、準優勝した嘉義農林学校(通称:嘉農=かのう)野球部の実話を描く台湾映画。この日、永瀬さんと坂井さんには、ジーシアン監督らの来場は一切秘密だったといい、舞台挨拶の冒頭で永瀬さんは「本当は台湾のスタッフと一緒に舞台に立ちたかったが、叶わなかった。きっと僕らの思いは(台湾に)届いていると思う」と監督の不在を残念がる場面も。

それだけに「永瀬さ~ん」とジーシアン監督が姿を現すと、永瀬さんはまず驚きの表情。劇中では「泣くな!」が口ぐせの日本人監督・近藤兵太郎さんを演じており、「いや、泣いてないっすよ」と感動的なサプライズに照れ笑いも浮かべていた。

一方、近藤の妻を演じる坂井さんは涙をこぼしながら、「永瀬さんや監督をはじめ、常に現場が作品に対する情熱にあふれていた。私もその情熱に触れて、エネルギーをもらったし、幸せだった」と感慨深げだった。

また、ジーシアン監督は「人間は未来を見つめる生き物ですが、そこで過去を忘れてはいけないと思います。この映画を観て日本と台湾の過去から学んで、パワーを受け取ってもらえれば」と日本での“凱旋公開”に感激していた。

東京・新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶には永瀬さんと坂井さん、ジーシアン監督らに加えて。大倉裕真、飯田のえる、山室光太朗、青木健、主題歌を歌うRakeと中孝介が登壇した。

台湾では昨年2月に封切られ、公開60日間で興行収入3億台湾ドル(約10億円)を超える大ヒットを記録。いったん劇場公開を終えたが、9月から台湾映画史上初となるアンコール公開が行われ、“台湾版アカデミー賞”といわれる第51回金馬奨で「観客賞」「国際映画批評家連盟賞」を受賞した。

『KANO ~1931海の向こうの甲子園~』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top