宮野真守&代永翼、「美少女戦士セーラームーン」新キャラで登場!

最新ニュース

-(C) 武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション
  • -(C) 武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション
  • -(C) 武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション
  • 左からデマンド、サフィール、ルベウス、エスメロード -(C) 武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション
1992年に「なかよし」(講談社刊)にて連載がスタートし、原作漫画は17か国で翻訳、アニメは40か国以上の国で放送され世界中で愛され続けている「美少女戦士セーラームーン」。“美少女戦士セーラームーン20周年プロジェクト”として2014年7月からはニコニコ動画ほかにてアニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」が配信されているが、この度、第2期より登場する新キャラクターに人気声優たちがキャスティングされたことが明らかとなった。

アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」は、現代の映像表現をもって、“原作を一から再びアニメ化しよう”という試みから誕生したWEBアニメ。社会現象とも言える人気を博した90年代放送のテレビアニメ「美少女戦士セーラームーン」でセーラームーン役を演じた三石琴乃が、本作でも同役を続投。仲間の4人には、オーディションを勝ち抜いた実力派声優、金元寿子、佐藤利奈、小清水亜美、伊藤静らがキャスティングされ、主題歌を「ももいろクローバーZ」が担当したことでも話題となった。

1月17日(土)19:00よりニコニコ動画ほかにて全世界同時配信されている『美少女戦士セーラームーンCrystal』第2期(ブラック・ムーン編)では、原作でも人気のちびうさや “時空の扉”を守護するセーラー戦士・セーラープルートが新登場しファンを喜ばせていたが、このほど発表となった新キャラクターはセーラー戦士たちと対峙する新キャラクター<ブラック・ムーン一味>。さらにそのキャスティングが注目を集めている。

ブラック・ムーン一味のリーダーで幻の銀水晶とセーラームーンを狙うプリンス・デマンド役を宮野真守(「デスノート」夜神月役など)、兄であるデマンドの野望に疑問を持ちつつも協力する錬金術師・サフィール役を代永翼(「Free!」葉月渚役など)、デマンドのために配下を使ってセーラー戦士の討伐を狙うルベウス役を高橋広樹(「テニスの王子様」菊丸英二役など)、幹部の紅一点でデマンドに想いを寄せるエスメロード役を桑島法子(「薄桜鬼」雪村千鶴役など)が担当。いまのアニメシーンを支える演技派声優たちが演じるブラック・ムーン一味は2月7日(土)19:00より配信される「Act.15 侵入-SAILORMARS-」」より順次登場予定だ。

原作連載当時から人気の高いプリンス・デマンドたちが、いまをトキメク人気声優たちの声によってどう蘇るのか、楽しみに待ちたい。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top