「あまちゃん」音楽家・大友良英、2020年に向け海外プロジェクト始動!

最新ニュース

2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」を手がけた音楽家として知られる、大友良英。これまでにも映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』('10)やTVドラマ「とんび」('12)など様々な作品に楽曲を手がけてきたが、現在はというと、日本を飛び出し海外で活動を行っている。

いま大友さんが手がけているのは、国際交流基金アジアセンターが行っている「ENSEMBLES ASIA(アンサンブルズ・アジア)」事業。大友さんは同事業のアーティスティック・ディレクターとなり、新たな音楽の可能性を世界へ発信すべく、アジアの国同士が、交流しながら音を楽しむ人とをつなぎ、ヒエラルキーのない、誰もが参加できるオーケストラを作るために奔走している。

同事業は「Asian Music Network(アジアン・ミュージック・ネットワーク)」
「Asian Sounds Research(アジアン・サウンズ・リサーチ)」「Ensembles Asia Orchestra(アンサンブルズ・ アジア・ オーケストラ)」の3つのプロジェクトで構成されている。

これら3つのプロジェクトを同時併行で進めていきながら、ライヴ、トーク、シンポジウム、映画上映、インスタレーションなどの複合イベント「Asian Meeting Festival(アジアン・ミーティング・フェスティバル)」をプラットフォームとして各プロジェクトの成果を日本国内外で定期的に発表し、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、アジア域内における音楽を軸とした交流活動の活性化に貢献していくとのこと。

2月5日(木)にはその報告会が開催され、翌6日(金)・7日(土)に行われる「Asian Meeting Festival 2015」では、「ENSEMBLES ASIA」の各プロジェクトの成果を初めて公開する場となり、「Asian Music Network」部門を中心に、東南アジア5か国から、初来日を含む音楽家11名が招待され、日本のさまざまな音楽家と共演するほか、音楽に関するインディペンデント映画の上映会、映画監督・音楽家によるトークセッションなども開催される。

【Ensembles Asia Music Network / Asian Meeting Festival 2015 プログラム】

<Ensembles Asia Orchestra 報告会/開催情報>
【会場】国際交流基金
【日時】2月5日(木)18:00~
【登壇】大友良英、石川直樹(写真家)、開沼博(社会学者)
<前半・フィリピン編> 音楽の日常と非日常について
<後半・インドネシア編>音楽家なしの音楽について
【料金】無料(定員:120名)※事前予約優先
※報告会の前に各プロジェクト・ディレクターが登壇する記者会見を同会場にて開催予定。

<Asian Meeting Festival 2015 東京公演/開催情報>
【会場】アサヒ・アートスクウェア
【日時】
■2月6日(金)/ライブ(1st DAY)[開場] 19:00  [開演] 19:30
■2月7日(土)/映画『BISING』上映 [開場] 12:30  [開演] 13:10
監督によるアフタートーク 15:00~
    /ライブ(2nd DAY) [開場] 18:30  [開演] 19:00
【料金】
前売:2,000円
当日:2,500円
2間間通しセット券:3,300円
※2/7(土)映画『BISING』上映プログラム(無料上映)は、
2/6(金)または2/7(日)のライブチケット購入者に限り、先着順で予約申し込み可。

<Asian Meeting Festival 2015 京都公演実行委員会/開催情報>
【会場】ゲーテ・インスティトゥート ヴィラ鴨川
【日時】2月8日(日)[開場] 17:00  [開演] 18:00
【料金】前売:2,500円
    当日:3,000円

<アンサンブルズ・アジア シンポジウム&コンサート/開催情報>
※ICCで開催中の「大友良英 音楽と美術のあいだ」展の関連イベントとして開催。
【主催】NTT インターコミュニケーション・センター[ICC]
【会場】NTT インターコミュニケーション・センター[ICC]
【日時】2月11日(水)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top