マイケル・ジャクソンのネバーランド、リハビリ施設に?

最新ニュース

マイケル・ジャクソン -(C) Getty Images
  • マイケル・ジャクソン -(C) Getty Images
  • マイケル・ジャクソン
  • マイケル・ジャクソン -(C) Getty Images
マイケル・ジャクソンの旧自宅であるネバーランドが性的暴行を受けた子どもたちを対象としたリハビリ施設になる可能性が出てきているという。

現在売りに出されているカリフォルニア州サンタバーバラにあるネバーランドだが、購入候補者らによってその2,700エイカー(約10平方キロメーター)もの広さを擁する物件の新たな使い道が提案されているようだ。

購入に興味を示している二者は、マイケルのアトラクション施設にしたいという計画を図っている中で、4,000万ドル(約47億円)を提示している地元のある実業家がそのリハビリ施設の案を押しているという。

ある関係者は「その方は性的暴行を受けた子どもたちへトラウマからの回復を図る平和な場所を提供できる場所を作りたいと思っているようです」「この計画は子どもたちを治療のために受け入れ、子どもたちの自己肯定感を向上させ、社交性を促す乗馬療法を元に治療を行う訓練を受けた療法士を雇う内容となるようです」と話す。

後ほど疑いは晴れたもののマイケルが児童性的暴行に対するいくつもの疑惑を向けられた2003年、マイケルは70人の警察官によってネバーランドを捜索され、「乱された」と感じたことからその直後に居を移していた。

1988年に同物件を購入したマイケルは、遊園地、2階建てのアーケード、お菓子屋、映画館、動物園へと改装したが、マイケルの借金が膨れ上がり続けたために2008年には不動産投資家のトーマス・バラックの手へと渡ることになった。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top