【予告編】ディズニー「ティンカー・ベル」シリーズ最終章へ!

最新ニュース

「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」-(C) Disney
  • 「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」-(C) Disney
  • 「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」-(C) Disney
“ティンク”の愛称で親しまれ、そのキュートな姿と愛らしい仕草で、幅広い層の女性たちを魅了し続ける「ティンカー・ベル」。この度、シリーズ最新作にしてファイナルとなる「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」がブルーレイ&DVDとなって5月20日(水)よりリリースされることが決定。本作の予告編がひと足先にシネマカフェに到着した。

ディズニー不朽の名作『ピーター・パン』でスクリーン・デビューして以来、世界中で愛され続ける小さな妖精が登場する本シリーズ。製作総指揮にジョン・ラセターを迎え、ティンクがピーター・パンと出会う前にピクシー・ホロウ(妖精の谷)で繰り広げた、ファンタジックな冒険と仲間の妖精たちとの友情を描く。シリーズとしてこれまで5作品をリリースしている。

ある日、ピクシー・ホロウの妖精たちは緑に輝くすい星を見る。その後に森から大きな吠え声が響いた。気になった動物の妖精・フォーンは、森の中で見たこともない大きな怪獣を発見する。好奇心いっぱいのフォーンは、外見は怖いが大人しい怪獣を毎日観察し、“グラフ”と名付けて距離を縮めていく。しかし、ピクシー・ホロウの平和を守っている護りの妖精・ニックスがグラフの存在に気づき、毒ナスの粉を使って捕えようとする。間一髪のところでフォーンとグラフは逃げ出すのだが…。

今回シネマカフェに到着した予告編映像には、妖精のフォーンが怪獣“グラフ”と出会い、日々を過ごしていく様子が映し出されている。



いたずら好きで陽気でおてんばな動物の妖精フォーンの声を、海外TVドラマシリーズ「ワンス・アポン・ア・タイム」で白雪姫を演じるジニファー・グッドウィンが担当。日本語吹き替え版には数々のアニメで活躍、「glee/グリー」の主人公レイチェル・ベリーの声を務めるなど人気の実力派声優・坂本真綾が好演する。

第6弾で遂にシリーズファイナルを迎える本作。ティンカー・ベルと仲間の妖精たちが、いつでも自分の心を信じ、勇気を持って行動する姿に背中を押されるだろう。

「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」は、5月20日(水)よりブルーレイ&DVDにて発売。同日にレンタル、オンデマンド配信も開始。

<「ティンカー・ベル」シリーズリリース情報>
「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」
ブルーレイ+DVDセット価格:3,800円+税
DVD価格:3,200円+税

「ティンカー・ベル」シリーズ6枚組デジパック
「ティンカー・ベル コンプリート・ブルーレイ・ボックス」
価格:18,000円+税
同DVD・ボックス
価格:15,000円+税
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top