橋本愛、ベルリン映画祭に艶やか着物で出席! “独語”で挨拶

最新ニュース

アンティーク着物で登場した橋本愛&トーマス・ストラック氏(「キュリナリー・シネマ」部門代表)/『リトル・フォレスト』 in 第65回ベルリン国際映画祭
  • アンティーク着物で登場した橋本愛&トーマス・ストラック氏(「キュリナリー・シネマ」部門代表)/『リトル・フォレスト』 in 第65回ベルリン国際映画祭
  • 橋本愛/『リトル・フォレスト』 in 第65回ベルリン国際映画祭
  • アフターディナーに舌鼓…橋本愛/『リトル・フォレスト』 in 第65回ベルリン国際映画祭
  • 橋本愛&森淳一(監督)&トーマス・ストラック氏(「キュリナリー・シネマ」部門代表)/『リトル・フォレスト』 in 第65回ベルリン国際映画祭
  • 橋本愛&森淳一(監督)/『リトル・フォレスト』 in 第65回ベルリン国際映画祭
  • アフターディナーを手がけたミハエル・ケンプ(シェフ)&橋本愛/『リトル・フォレスト』 in 第65回ベルリン国際映画祭
  • 『リトル・フォレスト』 in 第65回ベルリン国際映画祭
  • 『リトル・フォレスト』アフターディナー in 第65回ベルリン国際映画祭
橋本愛を主演に迎え、「夏・秋・冬・春」の4部作で綴った映画『リトル・フォレスト(英題:little forest)』が、第65回ベルリン国際映画祭に正式招待され、現地・ベルリンにて2月10日(現地時間)、「夏」と「冬」の上映が行われ、橋本さんと森淳一監督が出席した。

都会で自分の居場所を見つけられない主人公・いち子(橋本愛)が、故郷の山村“小森”に帰り、自給自足の生活をしながら生きる力を充電していく姿を、旬の食材を生かした日々の食事と共に描いた本作。ベルリン国際映画祭では、世界各国より「食」にまつわる良作が選出される「キュリナリー・シネマ」部門での出品となった。

初の海外映画祭への参加となった橋本さんは、この日、華やかな着物姿で登場。着物は戦前のアンティークものだそうで、“打ち出の小槌”などの日本の昔話をモチーフとした柄がちりばめられ、帯には手刺繍で「唐獅子」のモチーフがほどこされた艶やかな装いとなった。

挨拶を求められた橋本さんは、「初めまして、橋本愛です。私にとって初めての海外映画祭参加がこのベルリン映画祭という素晴らしい場所で、この映画を上映する機会をいただけたことを大変光栄に思います。ありがとうございます。そして、今日という日が私にとって忘れられない一日になることを実感しています。本作で日本の表情豊かな風景と、自然と共生しているからこそ生まれた食の魅力が伝われば嬉しいです。本当にありがとうございました」と流暢なドイツ語を披露し会場を沸かせていた。

また、「食」にまつわる部門とあって、上映後にはミシュランガイドで二つ星を獲得し、昨年「German Cook of the Year」に輝いたドイツ屈指の有名シェフのミハエル・ケンプ氏が本作にインスパイアされて作ったという特別メニューがアフターディナーとして振舞われた。

この贅沢なディナーに、橋本さんは「日本でよく食べる食材が、いつもとは違う味付けや形、組み合わせとなって出てきたのが面白く、ドイツではこのように調理されるのだろうか、ドイツ人の口にはどう感じられるのだろうか、映画をご覧になった方たちが、この料理を食べてさらに『リトル・フォレスト』を楽しんでくれているといいななど、色々と想像するのも楽しかったです。どれもとても味わい深いお料理でした」と満足そうな表情を浮かべていた。

『リトル・フォレスト 冬・春』は2月14日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top