新発想のファミリーレストラン「100本のスプーン」が、二子玉川に4月オープン

最新ニュース

ファミリーフレンドリーな街、二子玉川に、オシャレで美味しくて、子供も大人も大満足の新しいファミリーレストラン「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」がオープン。
  • ファミリーフレンドリーな街、二子玉川に、オシャレで美味しくて、子供も大人も大満足の新しいファミリーレストラン「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」がオープン。
  • 従来のファミリーレストランのイメージとは異なり、落ち着いたムードを演出した内装。
  • シチュエーションごとに使い分けることができる5つの空間を提供する。普段使いにも、ちょっと特別な日にもマッチ。
  • 100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWAのロゴデザインは、世界的に活躍するクリエイター ジョン・C・ジェイ氏が手掛けた。
  • ほぼ全てのフードメニューをハーフサイズでも用意していて、大人と子供がお揃いのメニューを楽しめる。
  • 何を注文するか迷ったら、代表的なメニューをワンプレートに集めた「リトルビッグプレート」(ラージ1,780円/スモール980円)がおすすめ。
スープ専門店「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」を運営する株式会社スマイルズが、「スマイルズが考えるファミリーレストラン」として新たに ファミリーレストラン「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」を2015年4月下旬、二子玉川ライズS.C.テラスマーケット内にオープンする。

同社は、2012年7月にスープストックトーキョーで使っているスープをベースにしたメニューを展開する新業態のファミリーレストラン「100本のスプーンby Soup Stock Tokyo」を神戸三田プレミアム・アウトレットにオープンし、その後、あざみ野ガーデンズ、イオンモール幕張新都心に店舗を展開してきた。

今回新オープンの「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」は、既存3店舗とは異なり、「コドモがオトナに憧れて、オトナがコドモゴコロを思い出す」、そんなファミリーレストランを目指して、店舗も落ち着いたトーンの中に、テーブル席やソファ席など5つのゾーンに分かれた内装で、お子さま連れのママたちのランチタイムや、週末の親子デート、誕生日のお祝いディナーなど、普段使いにも、ちょっと特別な日にも行きたくなるような仕掛けのある空間を作りだした。

メニューもすべて二子玉川のためにゼロから開発している。特徴的なのは、子どもの「大人と同じものを食べたい」を叶えるため、ほぼ全てのフードメニューをフルサイズとハーフサイズで用意しており、親子でお揃いの料理をそれぞれのサイズでいただくことができるのはちょっと新しい。またグループでシェアなどもしやすく、シーンに応じて自由な組み合わせができる。

訪れたら、まずオーダーしたいのが、「リトルビッグプレート」(ラージ1,780円/スモール980円)だ。100本のスプーンの代表的なメニューを一度に味わえる、見た目にも賑やかで楽しい一皿。ワインやビールのオードブルとしてもぴったり。

二子玉川ライズ・ショッピングセンターは、田園都市線・大井町線の二子玉川駅前にあるアクセスにも便利なショッピングモールで、ベビールームやキッズスペースなどの設備が整っているので、ベビーや小さなお子様連れでも安心してお買い物を楽しむことができるファミリーフレンドリーなスポット。新オープンの「100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA」は、ぜひファミリーで訪れたいレストランだ。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top