北野武が「脱帽」 探検家・関野吉晴の“途方もない旅”を追う…映画『縄文号とパクール号の航海』

映画

インドネシアから日本へーー探検家・関野吉晴/ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』
  • インドネシアから日本へーー探検家・関野吉晴/ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』
  • ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』
  • ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』
  • ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』
  • ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』
南米、北米、アラスカ、モンゴル、極東シベリア、ヒマラヤ…数々の僻地を旅してきた「グレートジャーニー」シリーズで知られる探検家・関野吉晴が新たに企画した途方もない旅を追った、ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』が3月末より公開される。この大冒険を一足早く体験した、北野武や糸井重里らが本作にコメントを寄せている。



“途方もない旅”という表現に嘘や偽りはないーーその内容とは「自然から素材を集めて鉄を作り、その鉄で舟を作り、エンジンを使わずに島影と星だけを頼りにインドネシアから日本まで来る」というもの。完成した舟の名は、丸木舟の「縄文号」と「パクール号」だ。

しかし、作りあげた舟は逆風で進む事ができないという致命的な欠陥を抱え、進まない時は歩くよりも遅い…時には2日で20kmしか進まないのだ。劇中、苦笑まじりにクルーのひとりが漏らす「いや~、想定してなかったですね…」という言葉は、まごうことなく心から出た言葉だろう。

そんな停滞に停滞を重ねる舟とともに、価値観も宗教も年齢もバラバラの10人のクルーたちが圧倒的な自然の力に翻弄され、喜び・怒り・哀しみを分かち合いながら進んでいく様を追っている。

同乗した関野さんの教え子・前田次郎が「日本に帰って仕事に就けるわけでもないし…しんどかったですね」と心情を吐露するシーンは大いに頷ける。しかしこの旅は、奇しくも3.11の東日本大震災の大災害を経て、新たな意味を持ち始める。果たして、この旅の意味は何だったのか?

北野監督は、本作について「今回は若者とインドネシア人漁師と手作りカヌーで大海原に挑戦。星を頼りに航海する、グレートジャーニー関野吉晴さんたちの姿に手に汗握り、最後は拍手を送り、脱帽した」と賛辞を送っている。

その他にも、様々な著名人が本作に胸打たれたよう。

■糸井重里(コピーライター)
「関野さんは、読書しているような目で冒険をやってくれる。今度の旅は、海と人間に聴診器をあてているような顔だった」

■田口ランディ(作家)
「とっても不思議な映画です。3.11の震災をはさんで、冒険の記録ではなく、命のつながりの深淵へと入っていきます。人間の意識は大自然と響きあっているのかなあ。関野吉晴さんが始めた航海の意味が…3年を経てやっと明らかにされました。ぜひ、若い人たちに観てほしいです」

■林家たい平(落語家)
「我々は地球という太古の昔から変わらない舟に乗り合わせていて、そこからすべてを授かり、生かされている。喜怒哀楽の波に揺られながら。縄文号とパクール号はまさに小さな地球。そこで暮らす意味を我々に問いかけてくれる」

■高野秀行(ノンフィクション作家)
「関野さんは遊びの天才だ。手造りの丸木舟で、インドネシアの漁民の人たちと、はるばる日本まで航海するなんて少年の夢そのもの。俺もこんなことをしてみたい!…と、羨ましすぎて、平常心で観ていられなかった」

■服部文祥(サバイバル登山家)
「二艇が石垣島を前にしたとき、私はぞわぞわと感動し、泣きたくなった。作業効率も、航海の効率もめちゃくちゃ悪い。しかし、この旅に『効率』は意味をなさない。『馬鹿げたことを通して見えてくるものがある』という関野吉晴が見たものとは? ズルのないドでかい旅を見てほしい」

■会田誠(美術家)
「もともと古代人の航海についての興味で見たけれど、見終わったら関野氏が実践する超理想的な全人教育を、僕も一生徒として疑似体験させてもらったような…そんな映画でした」

舟に乗った男たちがどんな旅に出たのか、その目で見届けほしい。

<ドキュメンタリー映画『縄文号とパクール号の航海』公開日時>
上映館:ポレポレ東中野
3月28日(土)~4月10日(金) 12:30~/15:30~
4月11日(土)~上映時間未定
※3月28日(土)12:30~の回は、探検家・関野吉晴および、関係者舞台挨拶
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top