“妊娠”発表の杉山愛も“夫婦愛”を賞賛! 『アメリカン・スナイパー』本編映像解禁

映画

クリス&タヤ・カイル夫妻を演じた、ブラッドリー・クーパー&シエナ・ミラー/『アメリカン・スナイパー』-(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • クリス&タヤ・カイル夫妻を演じた、ブラッドリー・クーパー&シエナ・ミラー/『アメリカン・スナイパー』-(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『アメリカン・スナイパー』最新ビジュアル(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『アメリカン・スナイパー』-(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『アメリカン・スナイパー』-(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『アメリカン・スナイパー』 (C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
  • 『アメリカン・スナイパー』(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., WV FILMS IV LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA.(C) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC-ALL OTHER TERRITORIES.
本年度アカデミー賞にて「作品賞」「主演男優賞」を含む6部門でノミネートされ注目を集めている、クリント・イーストウッド監督の最新作『アメリカン・スナイパー』。このほど、先日妊娠を発表した元プロテニスプレーヤー・杉山愛のコメントが到着。さらに本作の本編映像の一部が解禁となった。

9.11以降のイラク戦争を舞台に、米軍史上最多160人を射殺した実在の狙撃手クリス・カイルの真実を描いた本作。自国の守るために、家族を守るために戦場に立ったひとりの男の苦悩と葛藤を、ブラッドリー・クーパーが体当たりで熱演している。

先日を本作を鑑賞した杉山さんは、「観終わった後、言葉を失いました。特に印象的だったのは、妊婦の妻が戦地の夫と近況を微笑ましく話している矢先、夫が敵軍に襲われるシーン。自分ごとのように、彼女の悲しみが心に刺さりました。ただ戦争を描きつつも、心に残ったのはーー主人公の友を想う気持ち、そして妻や子どもたち、家族へのあふれる愛。壮大なストーリー。まさに今の映画。是非、女性たちにも観て欲しい」と賞賛。

今回シネマカフェに到着したのは、まさにそんな“家族への愛”ゆえに関係が歪んでゆく主人公・クリスとその妻・タヤのワンシーン。



イラク遠征から戻ってきたクリスに、タヤが涙ながらに訴えるが、再び戦場へ向かおうとするクリス。「お前たちを守るため」「国のために戦う」と伝えるが、タヤは「家庭はここ。でも子供たちに父親はいない。人間らしさを取り戻して」と語りかける。すでにクリスの心はここにあらず、視線は遥か彼方の戦場を見つめているかのよう。家族を守るためだったはずが、いつしか戦場はクリスにとって“生”を感じる場へと変化していったようだ。

その後の劇中では、残酷な戦場と幸せな家庭の狭間で、クリスが精神的に徐々に病んでいく様、そして妻・タヤが大きな困難を乗り越えようと、必死に夫を支え続ける姿が描かれる。

タヤを演じた女優シエナ・ミラーは、「この映画の核にあるのは、2人の人物が関わり合う人間ドラマ。タヤはクリスの苦しさを理解し、辛抱強く夫を支えようとしている。そういう2人を描いているからこそ、魅力的で感動的なストーリーになったの」とコメント。

また、タヤ本人は「この物語は私たちの愛の物語。クリスと私と子供たちの。そして神、そして我が国の。軍務についた兄弟の物語であり、男の物語、女の物語でもあります。この映画は、赤と白と青(軍服)色の服を過去に着ていたアメリカの家族、軍人すべての物語」と語っている。

戦争という狂気に飲み込まれながらも、懸命に抗う夫婦の絆を見届けてみて。

『アメリカン・スナイパー』は2月21日(土)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top