松岡茉優、友人・武田梨奈の祝福&夕張市民の温かさに大号泣! 

最新ニュース

大号泣する松岡茉優&武田梨奈 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
  • 大号泣する松岡茉優&武田梨奈 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
  • 大号泣する松岡茉優 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
  • 華麗なるアクションを披露した武田梨奈 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
  • 大号泣する松岡茉優&武田梨奈 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
  • 松岡茉優 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
  • 華麗なるアクションを披露した武田梨奈 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
  • 中村蒼&松岡茉優 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
  • 中村蒼 in 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」オープニングセレモニー
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」が2月19日(木)に開幕。昨年より新設された「ニューウェーブアワード」の受賞者として松岡茉優、中村蒼、増田セバスチャンが登壇したが、松岡さんは友人の武田梨奈からの祝福に号泣した。

同賞は新たな人材の発掘を目的に創設。今年、さらなる活躍が期待されるクリエイターと俳優に贈られることになっており、第1回の昨年は宮藤官九郎(クリエイター部門)、東出昌大(男優部門)、武田梨奈(女優部門)が受賞した。

今年はクリエイター部門で原宿を中心にした“カワイイ・カルチャー”の発信者として名を馳せ、昨年は人形アニメーション『くるみ割り人形』で映画監督デビューを果たした増田セバスチャンが受賞となった。増田監督は“新人”映画監督としての受賞に「みなさんの仲間に入れてもらえた気がします。新しい波を起こしていきたい」と語った。

男優部門では、昨年、同映画祭でグランプリを獲得した竹葉リサ監督の凱旋作となる『春子超常現象研究所』にも主演している中村さんが受賞したが「もうすぐこの仕事を始めて9年になりますが、この仕事をしているとネガティブになって周りが羨ましくなったりもします。でもこうして賞をいただいて、やってきたことが間違いじゃなかったと自信に繋がります。もうすぐ24歳の誕生日なんですがいいプレゼントをもらいました」と笑顔を見せた。

そして、女優部門に輝いた松岡さんにトロフィーを手渡すプレゼンターを務めたのが、この日のオープニングアクトで華麗なアクションを披露し喝采を浴びた、昨年の受賞者である武田さん。

2人は10代の頃、松岡さんが中学2年生の時に共演経験があり、それ以来の友人だという。松岡さんは、武田さんの姿を見るとこらえきれずに壇上で抱擁! 武田さんの手を取り、当時を振り返り「2人ともすごいヒマだったんです(苦笑)! 毎日、アクションのお稽古があって、それが終わってもヒマでグダグダしてて…。いまこうやって、梨奈は忙しくて、私もこんな賞をいただけて、幸せです」と喜びを噛みしめる。

また、夕張に到着して以来の市民の歓迎についても言及し「なんて素敵な映画祭なんだろうと思ってます。なんでみなさん、こんなに優しくしてくれるんですか? 沿道で手を振ってくださって、寒いのにずっと待っててくれて…。この仕事を12年やってて、初めての賞がこの賞で幸せです。映画が大好きなみなさんに、映画が好きでよかったと言ってもらえる映画に必ず出演します! 俳優をずっと続けます!」と涙と鼻水で顔をクシャクシャにしながら語り、会場は温かい拍手に包まれた。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」は2月23日(月)まで開催中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top