山田孝之の“幻の作品”復活! 怒濤のトークで世直し? ドラマ「REPLAY&DESTROY」

最新ニュース

独自の哲学を繰り出すキャラに…山田孝之/ドラマ「REPLAY&DESTROY」-(C) R&D運命共同体2015
  • 独自の哲学を繰り出すキャラに…山田孝之/ドラマ「REPLAY&DESTROY」-(C) R&D運命共同体2015
  • 独自の哲学を繰り出すキャラに…山田孝之/ドラマ「REPLAY&DESTROY」-(C) R&D運命共同体2015
俳優の山田孝之が、TBS・MBSにて4月から深夜枠でオリジナル連続ドラマ「REPLAY&DESTROY」で主演を務めることが明らかとなった。本作は2011年に「au LISMO Channel」で生まれ、携帯のみ視聴可能にも関わらず、大きな話題を呼んだ問題作のTVシリーズ版となる。

本作はとあるシェアハウスを舞台に、映画監督を目指す日本一偉そうなフリーター・横山要(山田孝之)と薬学科大学院生で偏差値70の秀才・真野真広(林遣都)、そして宅配会社勤務で背筋力280kgの怪力・新田広重(阿部進之介)の男3人が、周囲で起こる気になる出来事や悩める他人に無理やり関わっていき、屁理屈と無駄話によって何かが変わる瞬間に立ち会ってゆく“世直し哲学チープストーリー”を描く。

実は企画の成り立ちにも山田さんは関わっているそうで、携帯ドラマ版は、当時話題となりながらもビデオソフトとして発売されることがなく、ファンの間ではカルト的人気を博した“幻の作品”として語り継がれていた。それが今回、山田さんと監督・脚本を務める飯塚健(『荒川アンダー ザ ブリッジ』)が“発起人”となり、スタッフ・キャストを巻き込んで制作をスタートさせ、TV局に提案、放送にこぎつけたのだという。

山田さんが演じる主人公・横山要は、屁理屈・ウンチク・無駄話…怒濤のトークで他人を自分のペースに引き込んでは、時として“生きる哲学”を繰り出すキャラクター。「勇者ヨシヒコ」シリーズや『凶悪』など様々な役どころを演じきた山田さんの役者歴の中でもユニークな役柄となりそうだ。

本作に並々ならぬ熱意を注ぐ山田さんは、「世界のどこへ行ったって、訪れる出来事や会話を交わす 人々は半径5m以内にある。つまりこの『半径5mの哲学』 とは、狭い様で地球そのものがスッポリ入ってしまう程の重要な領域だ。横山要が居る場所は、常に彼のチープな哲学に支配されてしまいカオスと化す。しかし、その場所は何故だかとても心地良い。そんな心地良い場を作る為に冗談の分かる『前進できる大人達』が集まった。ヤバくなったらみんなで逃げる!」とコメントを寄せている。

どんな極上のカオスが展開するのか、携帯ドラマ版からのファンならずとも注目が集まりそうだ。

ドラマ「REPLAY&DESTROY」(全8回)はTBSにて4月28日(火)深夜~/MBSにて4月26日(日)深夜~スタート。※「auスマートパス」「auビデオパス」でも独占配信予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top