ゆうばり映画祭グランプリを過去最高齢50歳監督が受賞! AV業界描いた異色作

最新ニュース

グランプリを受賞した森川圭監督/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
  • グランプリを受賞した森川圭監督/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
  • グランプリを受賞した森川圭監督/「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」クロージングセレモニー&授賞式
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」のクロージングセレモニー&授賞式が2月22日(日)に開催され、グランプリにAV業界の一端を描いた、自身もAV監督である50歳の森川圭監督による『メイクルーム』が選ばれた。

これまでクエンティン・タランティーノや入江悠など若き才能を発掘し、若手監督の登竜門というイメージの強い「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」だが、50歳はグランプリ受賞監督としては過去最高齢となる。

『メイクルーム』は森川監督が自身の経験やメイクスタッフへの取材を基に、AV撮影現場のメイクルームでのドタバタを描いた群像劇。森川監督は約30年前に助監督としてキャリアをスタートさせ、元「AKB48」の中塚智実主演のホラー作品『エクステ娘 劇場版』で商業映画の監督を務めたこともあるが、基本的には「AVをメインで撮影、監督してきた」とのこと。4年ほど前に本作の元となる舞台を自ら制作し小劇場で上演したが「舞台でしかできないものをという思いで作ったつもりでしたが、十分に映画で行けると思った」とプロットやセリフ、設定などはそのままに、本物のAV女優を起用して今回の映画を制作した。

グランプリとして『メイクルーム』というタイトルが読み上げられると、森川監督は壇上に上がるも「何と言っていいか…、何か(賞を)いただけたらと思ってましたが、まさかグランプリを獲れるとは思ってなかったです」と驚いた様子だった。一緒に映画祭を訪れた関係者は監督を残して既に夕張を後にしてしまっていたが「みんな、獲ったよ!」とトロフィーを掲げ喜びを口にした。

「オフシアター・コンペティション」部門の審査委員長を務めた大森一樹監督は『メイクルーム』の受賞と森川監督について「50歳と聞いてびっくり。若いことばかりがもてはやされるけど、その意味で50歳の監督にあげられたのは嬉しい。映画はある程度年齢がいって、世の中を知ったところでメッセージを伝えられる芸術。若けりゃ若い方がいいという映画祭の風潮に対し、ひとつのメッセージになる」と50歳のグランプリ監督を祝福した。

森川監督は改めて年齢および、AV監督という経歴について触れ「僕の周りでAVを撮っている方は、みんな名前を変えてます。一般の映画を撮れなくなる可能性が高いし、CMも撮れないので。でも自分は、名前変えずにどこまでやれるのか? とやってきた。延々と続けて、50になってこういう形で賞をいただけて…。僕くらいの年でも評価してもらえるという事実ができて嬉しい」と気概を口にすると共に改めて受賞の喜びを語った。

本作は現時点では劇場公開は未定で、今後、公開に向けて動いていくという。次回作について尋ねられると「許されるならパート2をやりたい。(本作の)3か月後の話で、脚本も出来上がってて、完結編になります」と明かした。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」は2月23日(月)まで開催中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top