ポルノグラフィティ、『名探偵コナン』と初コラボに「本当に幸せ!」

映画

主題歌を担当するポルノグラフィティ/『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』-(C) 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 主題歌を担当するポルノグラフィティ/『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』-(C) 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 主題歌を担当するポルノグラフィティ/『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』-(C) 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
毎年ゴールデンウィ―ク映画として親しまれている劇場版『名探偵コナン』シリーズの第19弾となる最新作『名探偵コナン 業火の向日葵』。先日、女優の榮倉奈々がゲスト声優として出演することが決定した本作だが、この度、本作の主題歌をポップなロックナンバーで不動の人気を誇る「ポルノグラフィティ」が担当することが明らかになった。

大富豪が集まるニューヨークのオークション会場で国際的名画が落札された。それは昔、日本で焼失したとされている、失われたはずのゴッホの名画「ひまわり」。他を寄せ付けない3億ドルという史上最高額でその絵を手に入れた鈴木次郎吉の目的は、世界に散らばる7枚の「ひまわり」を集めること。そして過去にない大規模な展覧会を、鉄壁のセキュリティを誇る日本の美術館・レイクロックで開催することだった。

その夢のようなビッグニュースは全世界に配信され、コナンや蘭たちもその中継に見入っている。絵画を護るスペシャリストたち、通称“7人のサムライ”が招集されようとしたそのとき、突如怪盗キッドが出現! 必ず絵を奪うと宣戦布告して去っていった。巨大宝石しか狙わないはずのキッドが何故? 次の瞬間、騒然となる会場に現れたのは、キッドのうわさを聞きつけたという高校生探偵・工藤新一の姿だった…。

今回、「ポルノグラフィティ」が本作ために書き下ろした新曲は「オー!リバル」。“リバル”とは、フランス語やスペイン語で “ライバル“ という意味。劇中の「コナンvs怪盗キッド」の関係と楽曲とのシンクロも注目の一つとなっている。

コナンに携わることができて光栄と話す「ポルノグラフィティ」は、「大人が見ても難しいトリックとストーリー、子どもが憧れるようなコナンの持つアイテムや個性的なキャラクターが、幅広く支持される魅力だと思います。こんな素晴らしい映画の主題歌に決まって本当に幸せです」と喜びを語った。

さらに楽曲についても、「いまの僕たちに出来る最善の楽曲を制作しようとかなり気持ちを入れて制作しました。この映画と一緒に、この楽曲を愛して頂けたら嬉しいです」とメッセージを送った。

『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』は4月18日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top