キーラ・ナイトレイ、友人ベネディクト・カンバーバッチとの共演を熱望した理由とは?

映画

ベネディクト・カンバーバッチ&キーラ・ナイトレイ/『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』-(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
  • ベネディクト・カンバーバッチ&キーラ・ナイトレイ/『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』-(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
  • ベネディクト・カンバーバッチ&キーラ・ナイトレイ/『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』-(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
  • ベネディクト・カンバーバッチ/『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』-(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
  • ベネディクト・カンバーバッチ/『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』-(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
  • 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』-(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
  • ベネディクト・カンバーバッチ/『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』-(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
  • ベネディクト・カンバーバッチ主演『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』ポスタービジュアル -(C) 2014 BBP IMITATION, LLC
ベネディクト・カンバーバッチが世界最強の暗号“エニグマ”に挑んだ実在の天才数学者を演じる映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』が、いよいよ3月13日(金)より公開となる。先日、本年度アカデミー賞にて見事「脚色賞」を受賞した本作から、そろって同「主演男優賞」「助演女優賞」にノミネートされていたベネディクトとキーラ・ナイトレイの熱い友情が伝わるコメントがシネマカフェに到着した。

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号“エニグマ”の解読に挑んだ英国の天才数学者アラン・チューリング。現在のコンピューターの礎を生みだし、後世に大きな影響を与えた、ひとりの天才の知られざる秘密と数奇な人生を描く本作。

キーラは、ベネディクト演じるチューリングらと共に暗号解読チームに加わった唯一の女性で、聡明な数学者だったジョン・クラーク役を演じている。ベネディクトは本作の脚本に惚れ込み、オファーを即決したことを明かしているが、キーラもまた、「初めて脚本を読んだ瞬間に恋に落ちたわ」と、すぐにオファーを引き受けたという。

「実は、最初の脚本では、ジョーンはもっと小さな役だった。ほかの俳優たちがこの映画に参加したのと同じ理由で、私も役を引き受けたの。ただ純粋にこの映画に参加したいという思いでね。イギリス人なら誰でも、この物語を世に送り出したいと感じるはず」と、時代に翻弄され“葬られた”天才の真実の物語に対する熱い想いをふり返る。

だが、出演を即決したのはそれだけではないようで、「脚本をもらったとき、ベネディクトの出演は確定していた。彼が出るこの映画に出演したいと強く感じたわ」と、本作の出演理由のひとつにベネディクトとの友情があったことを明かすキーラ。

「以前一緒に働いた人と仕事をするのは、いつもすてきな経験よ。特に過去の仕事で楽しい時を過ごした相手なら、話も合うし、すぐに気楽で親密な仲になれるもの。瞬時に何かに入り込めるの。彼とは友達だし、初共演以来ずっと仲良くしてきた。だからジョーンとアランの間にある友情を、実際の友達と演じられて良かった。2人の情熱に一瞬で入り込むことができるからね」と語る。

一方、ベネディクトは彼女との共演について、「キーラはジョーンと同じくらい素晴らしい。ジョーンは自分の居場所と平等な扱いを求め、性別ではなく自分自身の価値によって評価されることを望んだ。聡明な人物であり、主張も当然のものだったが、それは厳しい闘いだった。組織化された性差別にいかに立ち向かうか、その姿勢をキーラは愛情溢れる演技ですんなり見せてくれたと思う」と絶賛の声を寄せている。

ジョー・ライト監督の『つぐない』(’07)などで共演し、もともと親交が深かったベネディクトとキーラ。過去には、キーラをバカにした記者に対し、ベネディクトがジョークでお返しして怒ったというエピソードがあるなど、その友情で知られるふたり。その息の合った熱演は、劇場で確かめてみて。

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』は3月13日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top