“魔女”メリル・ストリープが流す涙の理由…『イントゥ・ザ・ウッズ』比較ビジュアル公開

映画

『イントゥ・ザ・ウッズ』ラプンツェル比較映像-(C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • 『イントゥ・ザ・ウッズ』ラプンツェル比較映像-(C) 2015「天空の蜂」製作委員会
  • メリル・ストリープ/『イントゥ・ザ・ウッズ』-(C) 2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
  • 現代女子なラプンツェル/『イントゥ・ザ・ウッズ』 -(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
  • 『イントゥ・ザ・ウッズ』-(C)2015 Disney Enterprises,INC. All Rights Reserved.
驚異的な大ヒットを記録した『アナと雪の女王』で歴史的なミュージカルブームを巻き起こしたディズニーが、満を持して贈る最新ミュージカル『イントゥ・ザ・ウッズ』。公開を目前にし、先日の来日で注目を集めた魔女姿のメリル・ストリープが涙を流す印象的な、新たな画像が公開された。

本作は、誰もが一度は憧れた、おとぎ話のヒロインの「めでたし、めでたし」の“その後”をミュージカルで描く大人のための物語。願いを叶えたはずの彼女たちが直面する運命とは一体…。

公開を目前に控え発表された新画像は、ラプンツェルと魔女の2ショットだ。白髪姿に悲壮感漂う表情をしている魔女を演じるのは、オスカー女優のメリル・ストリープ。アニメーション『塔の上のラプンツェル』から魔女・ゴーテルの比較画像が公開されており、魔法の髪に夢中でラプンツェル自身には愛情を感じられないゴーテルに比べ、本作のメリル演じる魔女は何故かラプンツェルに寄り添い涙を流す様子が伺える。

実は今回公開された画像は、自身の元を去っていこうとするラプンツェルを、涙を流しながら必死に止めようとする魔女の姿。アニメーションの魔女と同じく“育ての親”であることには変わりないのに雰囲気が異なるのは、本作と『塔の上のラプンツェル』とでは、ラプンツェルが塔に閉じ込められている理由が異なるからだ。

本作の魔女が塔に閉じ込めたのは、ゴーテルのように若さを求め魔法の髪を独り占めした訳ではなく、自身に降り掛かった呪いで醜く老いた見た目にコンプレックスを感じ、若く美しい見た目であれば、ラプンツェルが自分を愛してくれると信じて呪いを解くために必死になったという、彼女への愛が強すぎた故の行動だったのだ。

歴代最多アカデミー賞19回ノミネートを本作で達成したメリルは、ラプンツェル役のマッケンジー・マウジーに対し「完璧なキャスティングじゃないかしら。彼女の美しすぎる歌声は、ラプンツェルにピッタリですもの。野に咲く花のように可憐で初々しく、とってもスイートで感情豊かな彼女のことが大好きになったし、共演出来て最高にラッキーだったと思うわ」と、母と娘のような愛情たっぷりなコメントを語った。

本作のラプンツェルは、魔女からの大きすぎる愛情を振り切って、自ら外の世界に踏み出そうとするリアルなティーンエイジャー。彼女たちが贈る“親子愛”は大人から若者まで幅広い共感を得ること間違いなしだ。

『イントゥ・ザ・ウッズ』は3月14日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top