【ディズニー】カメラマン同行プライベート撮影にオラフのドローイングクラス…ランドの魅力再発見!

最新ニュース

「ディズニースペシャルフォトセッション」
  • 「ディズニースペシャルフォトセッション」
  • 撮影スタート! 「ディズニースペシャルフォトセッション」
  • 撮影風景「ディズニースペシャルフォトセッション」
  • 撮影風景「ディズニースペシャルフォトセッション」
  • 撮影風景「ディズニースペシャルフォトセッション」
  • 撮影風景「ディズニースペシャルフォトセッション」
  • 撮影風景「ディズニースペシャルフォトセッション」
  • 撮影風景「ディズニースペシャルフォトセッション」
映画『アナと雪の女王』の“その後”の世界を描いたスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」を開催中の東京ディズニーランドでは、平日も休日も関係なく連日大盛況! 3月1日(日)に発売になったアナとエルサの新グッズも大人気だが、同イベント開催中には、パークの魅力を再発見できるような期間限定プログラムも実施中だ。そこで、3月20日(金)のファイナルの前に試してほしい、2種類のプログラムをご紹介!

■ 気分はパークの主人公 プロ撮影「ディズニースペシャルフォトセッション」

そのひとつが、「ディズニースペシャルフォトセッション」! これは主にグループで申込する有料のサービスで、東京ディズニーリゾートのカメラマンキャストが同行して、パークで出会うさまざまなシーンを同キャストが撮影するという画期的なプログラム。1時間ほどパークを回って、写真3枚入った台紙(当日お渡し)と写真データ80カットまで入る「スナップフォトCD」(後日郵送)に。プロに撮ってもらう機会はなかなかないので、オススメ!

■ いつもは写真係のお父さんも一緒にパチリ! 年賀状用の家族写真にも最適

実際に体験した感想としては、東京ディズニーリゾートのカメラマンキャストが推奨する、とっておきのロケーション、アングルや構図などで撮影が可能なことや、歩いているときやおしゃべりをしている表情など躍動感あふれるショットの数々が撮れ、自分たちで撮る場合とは一味違う仕上がりになることがポイント。ファミリーで利用する場合、いつもは写真係のお父さんも一緒に映ることができるので、年賀状用の集合写真にもオススメなのだ。

■ 人気の「ディズニードローイングクラス」には、期間限定でオラフが登場中

また、ワールドバザール内にあるディズニーアニメーションのスケッチや彫刻などを展示している「ディズニーギャラリー」では、キャラクターの“顔”の描き方を楽しく学べる「ディズニードローイングクラス」を開講中。実はいま、期間限定で映画『アナと雪の女王』の人気キャラクター、オラフがスタンダードコースに登場している。入園料と別に510円(1名)必要になるが、所要時間約30分で誰でも描けるようになる魔法のようなクラスだ。

■ キャストの丁寧な指導で誰でも上手に!! 約30分後の完成作品に驚くはず!!

実際に体験した感想としては、講師キャストがモニター上でキャラクターの描き方を丁寧に説明してくれるので、それに沿って描いていけば誰でもプロみたいなタッチでオラフを描いていくことができる。完成した後は作品を飾る台紙と鉛筆ももらえて、受講したゲストだけの素敵な想い出になるはず。受付場所は「ディズニーギャラリー」入口で、開園と同時に受付を開始する当日受付のみ。オラフは特に人気が高いそうなので、要チェックだ。

ちなみにTDRのキャラクターアーティスト、佐藤征作氏によるドローイングクラスのお手本アートが、手軽に飾れる「アートデリ」としてグッズ化しているので、参加の記念として購入も可能に。いつもとは違うプログラムの数々で、パークの魅力を再発見してみて!

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

※紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は予告なく変更になる場合があります。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top