水原希子、ガールズブランド「エモダ」の広告塔に

最新ニュース

モデル・女優と活躍の幅を広げる水原希子がガールズブランド、エモダの広告塔に
  • モデル・女優と活躍の幅を広げる水原希子がガールズブランド、エモダの広告塔に
  • モデル・女優と活躍の幅を広げる水原希子がガールズブランド、エモダの広告塔に
マークスタイラー(MARK STYLER)社の展開するファッションブランド、エモダ(EMODA)が、4月より水原希子をイメージモデルとして起用することを発表した。

アメリカテキサス州生まれの水原希子は、2003年に雑誌『Seventeen』のミスセブンティーンを受賞しモデルデビュー。その後、ファッションアイコンとして多くのブランドのイメージモデルを勤める他、2013年10月にはパリコレクション、2014年2月にはミラノコレクションでそれぞれデビューを果たした。ディーゼルや3.1 フィリップ リム、メゾン キツネなどグローバルブランドのキャンペーンビジュアルにも出演。さらに、雑誌『VOGUE ITALIA』においても16ページに渡る特集が組まれるなど、日本国内にとどまらず世界からも熱い視線が注がれている。

一方、女優としても活躍を広げる。2010年にはトラン・アン・ユン監督『ノルウェイの森』の小林緑役に抜擢。以降、蜷川実花監督『ヘルタースケルター』や、2013年NHK大河ドラマ『八重の桜』等にも出演を果たした。

同社によると今回、水原希子が広告塔として起用された背景には、モデルとしてだけでなくドラマ、映画と次々に活躍の場を広げていく彼女のイメージが、これからも新たな挑戦を続けていきたいという同ブランドの想いと合致したからだという。今後は、エモダのアイコンとして、雑誌とのタイアップ、カタログなど、様々な場でプロモーションに出演する。

モデル・女優と活躍の幅を広げる水原希子がガールズブランド、エモダの広告塔に

《編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top