ヴィン・ディーゼル、最新作は「俺たちの“ミッション”に吹き飛ばされる」と警告!?

映画

ヴィン・ディーゼル/『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • ヴィン・ディーゼル/『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • /『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • キャスト勢ぞろい『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
  • 『ワイルド・スピード SKY MISSION』  (C) 2014 Universal Pictures
生まれたばかりの愛娘に、『ワイルド・スピード』シリーズで長らくタッグを組んだ盟友、故ポール・ウォーカーにちなんだ名付けをしたヴィン・ディーゼル。その最新作『ワイルド・スピード SKY MISSION』について、彼から“胸アツ”なコメントが到着した。

前作『ワイルド・スピード EURO MISSION』ではヨーロッパを舞台に、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)たちと激しいバトルを繰り広げたオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンス)の兄であり、一国の軍隊と変わらないほどの兵力を持つとされるデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。

まず、デッカードは東京でハン(サン・カン)を襲撃。弟の仇を打つべく、ドミニクたちの前に立ちふさがる。元・特殊部隊の暗殺者であり、格闘でも、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と互角に渡り合うほどの圧倒的強さをもつイアンを打倒するべく、ドミニクら最速メンバーは最後のミッションに挑んでいく――。

全世界累計興収2,300億円突破のメガヒット・シリーズ最新作は、東京、アブダビ、ロサンゼルスなど世界中の都市にとどまらず、今度は空中を舞台に、シリーズ史上最強の敵役となるジェイソン・ステイサムに挑んでいく。

シリーズの顔ともいえる存在のドミニクを演じたディーゼルは、「すごい走りだぞ。かなりの走りだ」と開口一番にコメント。「この作品について語るなんてリスキーだよ。僕は褒め過ぎてしまう恐れがあるからね(笑)。それに、これがとても特別な体験になるのは明らかだ。何も言う必要がないってことがわかるはず!」と自信満々の様子で本作について語る。

さらに、「ただ観るのが楽しみっていうだけの映画ではない。観なくてはならないと心が叫ぶ映画だ。それは特別なことで、滅多にあることじゃない。死ぬほどこの映画を観たいって待ちきれない人々が、世界中にいるなんて最高だよ!」と公開が待ちきれないファンに思いを伝えた。そして、そんなファンに対してメッセージを求められたディーゼルは、伝えたいことはひとつだと笑みを見せる。

「ただ、“備えろ”とだけ警告しておこう。俺たちの“ミッション”に吹き飛ばされるから。踏ん張らないといけないぜ!」

ディーゼルからの刺激的なメッセージには、ファンの期待度もMAX! さらなる続報も楽しみにしていて。

『ワイルド・スピード SKY MISSION』は4月17日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top