大島優子、AKB48卒業後初声優は「アンパンマン」!「母親になったら子に自慢したい」

映画

「アンパンマン」でヒロイン・ミージャの声を担当する大島優子
  • 「アンパンマン」でヒロイン・ミージャの声を担当する大島優子
  • 大島優子が担当するヒロイン・ミージャ/『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』-(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン
  • 大島優子が担当するヒロイン・ミージャ/『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』-(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン
  • 大島優子が担当するヒロイン・ミージャ/『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』-(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン
子どもたちから絶大な人気を誇る「アンパンマン」の映画シリーズ第27弾『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』。この度、本作に登場する新キャラクター、ミージャに女優としての活躍も著しい大島優子が抜擢。「AKB48」卒業後“初”となるアニメ声優に挑戦することが明らかになった。

ある日、クリームパンダとコキンちゃんとランプの世界に入りこむが、ミージャの腕輪が壊れてしまい、元の世界に戻れなくなってしまう。3人は腕輪を直すため力を合わせて遠い魔法の泉を目指すが、3人は喧嘩ばかり。果たして3人は困難に負けず、まっすぐに進んでいくことができるのか…?

起用の理由は、可愛く元気いっぱいで魅力的なヒロイン“ミージャ”のキャラクターにぴったりということ、また“みんなで力をあわせることの大切さ”に気づいていく“ミージャ”の前向きな姿勢と重なること、そしてなんと言ってもミージャのキャラクターと見かけもそっくりということで大抜擢となったという。

宮沢りえ主演の『紙の月』で第39回報知映画賞、そして第38回日本アカデミー賞で優秀助演女優賞を受賞し、TBS4月スタートの木曜ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」では、連ドラ初主演を務める大島さん。

声優として抜擢された大島さんは、「今回、映画のヒロイン、ミージャ役を演じることになり、とても嬉しいです。私がいつの日か母親になった時に子どもに自慢します。ミージャを、みんなに元気をあげられるキャラクターにしたいです」と意気込みを語った。

また、本作ではやなせたかしの名曲である「アンパンマンたいそう」を、劇中で披露するシーンもあるとのこと。大島さんの歌声にも注目したい。

『それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ』は7月4日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top