石原さとみ、実写版『進撃の巨人』を初めて語る!「ハンジはとても愛おしい」

最新ニュース

石原さとみ/dTVオリジナルドラマ「進撃の巨人」会見
  • 石原さとみ/dTVオリジナルドラマ「進撃の巨人」会見
  • 石原さとみ(ハンジ役)/実写映画版『進撃の巨人』-(C) 諫山 創/講談社 (C) 映画「進撃の巨人」製作委員会
  • 桜庭ななみ/dTVオリジナルドラマ「進撃の巨人」会見
  • 桜庭ななみ(サシャ役)/実写映画版『進撃の巨人』-(C) 諫山 創/講談社 (C) 映画「進撃の巨人」製作委員会
  • 水崎綾女/dTVオリジナルドラマ「進撃の巨人」会見
  • 水崎綾女(ヒアナ役)/実写映画版『進撃の巨人』-(C) 諫山 創/講談社 (C) 映画「進撃の巨人」製作委員会
  • 武田梨奈(リル役)/実写映画版『進撃の巨人』-(C) 諫山 創/講談社 (C) 映画「進撃の巨人」製作委員会
  • 平岡祐太(イズル役)/dTVオリジナルドラマ「進撃の巨人」会見
女優の石原さとみが4月2日(木)、千葉県・舞浜で行われたdTVオリジナル「進撃の巨人」(8月から配信)の製作発表会見に出席。今夏公開の話題作『進撃の巨人』でハンジ役を演じる石原さんが、クランクアップ後初めて、公の場で同作について語った。

映画は、突如現れた巨人たちによる文明崩壊から100年後の世界で、巨大な壁に囲まれ平和を謳歌していた人類と、再び“進撃”を始めた巨人との壮絶な戦いを描く。諫山創氏の大ヒットコミックを、日本版『ゴジラ』最新作でもメガホンをとる樋口真嗣監督が二部作で実写化した。

撮影は1年間という長期間にわたり、石原さんは「ハンジはとても愛おしいし、演じられる幸せを感じた」と感無量の面持ち。配信される新作のオリジナルドラマでは、「ハンジの内面がより深く描かれている」と言い、「その分、演じる難しさを感じた。アニメ版で(ハンジの)声優をしていらっしゃる朴ろ美さんにアドバイスをいただいた」と役作りを語った。

実写版を製作・配給する東宝とのパートナーシップにより実現したdTVオリジナル『進撃の巨人』は、映画本編では描き切れないエピソードを中心に、兵士たちの日常や“立体機動装置”など対巨人用の兵器開発、ハンジが行う巨人研究といった秘話にスポットをあてており、「ワクワクできる内容になるはず。これを見れば、映画本編をいっそう楽しんでいただける」(石原さん)。

会見には実写版キャストで、オリジナルドラマにも出演する石原さんに加えて、桜庭ななみ(サシャ役)、渡部秀(フクシ役)、武田梨奈(リル役)、水崎綾女(ヒアナ役)、平岡祐太(新キャラクターのイズル役)が登壇した。

平岡さんが演じるイズルは、dTVオリジナル「進撃の巨人」のみに登場する新キャラクター。平岡さん本人も原作の大ファンだと言い、「イズルは初登場のキャラクターですが、世界観を大切に、ファンの皆さんから『原作に出てきそう』と言ってもらえるよう演じた」と強い思い入れ。実際、足を踏み入れた現場は「原作の世界観そのままのセットがあり、本当にびっくりした」のだとか。アクションにも挑み「飛び回ったりして、楽しかったですよ」と手応えを示した。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top