黒木瞳、だるまに“黒き瞳” 主演ドラマ「スケープゴート」のヒットを祈願!

最新ニュース

黒木瞳/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
  • 黒木瞳/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
  • 佐々木希/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
  • 幸田真音氏&古谷一行&黒木瞳&石丸幹二&佐々木希/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
  • 黒木瞳/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
  • 石丸幹二/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
  • 古谷一行/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
  • 古谷一行&黒木瞳&石丸幹二/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
  • 幸田真音氏/「連続ドラマW スケープゴート」完成披露試写会
女優の黒木瞳が4月4日(土)、都内で行われた主演作「連続ドラマW スケープゴート」の完成披露試写会に出席。初の女性総理大臣を目指す政治家を演じた黒木さんは、だるまに“黒き瞳”を書き入れ、ドラマのヒットを祈願し「こんな経験、初めて」と瞳を輝かせた。

日本の女性経済小説家として活躍する幸田真音の原作を基に、政界内部を描いた本ドラマ。権力と嫉妬が渦巻く永田町を舞台に、男性長老議員からの風当りが強まるなか、次第に頭角を現す主人公の金融担当大臣・三崎皓子が、総理大臣のポストに向けて突き進む。果たして、彼女は政界に放たれた“生贄=スケープゴート”か? それとも国家を救う“ジャンヌ・ダルク”か?

挨拶に立ち「金融大臣になっちゃいました」とはしゃいで見せた黒木さん。ただ、セリフには政治や経済の専門用語が数多く登場すると言い、「台本を読みながら、『これ、誰が覚えるのか? あっ、私か!』ってひとりツッコミを入れてしまった」と苦労も多かった様子。それでも「現場で大臣って呼ばれるのが、だんだん快感になった」そうで、「このドラマが女性にエールを送る作品になれば」とアピールしていた。

舞台挨拶には黒木さんを始め、原作者の幸田氏、共演する石丸幹二、古谷一行、佐々木希が出席。主人公を政界に引き込むきっかけを作る元恋人のテレビ局役員を演じる石丸さんが、肝心のエンディングをネタバレしてしまう場面もあり、黒木さんから「それ、言っていいの?」と指摘されていた。

そんな石丸さんは、黒木さんと初共演を果たし「すごく聡明で知的、それでいて芯の強さを感じさせる」と黒木さんにホレボレ。また、大物政治家を演じる古谷さんは「政治とは対極にいる生き方だから、政治家を演じるのは緊張する」と話していた。

また、佐々木さんは「黒木さんが現場を盛り上げてくださって、嬉しかったです」と感謝の意。自身が演じるのは、母親・皓子に反抗的な娘という役どころで「母親に対するさみしさと怒りという複雑な心情を演じるのが難しかった」と語っていた。

「連続ドラマW スケープゴート」は4月12日より毎週日曜22時~WOWOWにて放送。(全4話/第1話無料放送)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top