ダニエル・クレイグ、『007』シリーズ撮影合間を縫って膝を手術

最新ニュース

ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • ダニエル・クレイグ -(C) Getty Images
  • ダニエル・クレイグ -(C) Getty Images
  • ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
  • ダニエル・クレイグ -(C) Getty Images
現在シリーズ最新作『007 スペクター』を撮影中のダニエル・クレイグが、ニューヨークで膝の手術を受けたことが分かった。

今作がジェームズ・ボンドを演じる4作目となるダニエルは、撮影スケジュールに自分の出番のない期間を作ってもらい、以前に傷めた膝関節の手術を行なったという。術後はイギリスに戻って、今月22日(現地時間)にはパインウッド・スタジオでの撮影に合流する予定だという。

イギリスの「The Mirror」紙上では関係者が、ダニエルは万全の状態で戻ってくるので撮影に遅れが生じることはないだろうと話している。

先日はメキシコ・シティで撮影が行なわれ、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンは「これまでで最も大がかりなオープニング・シーンになる」と語った。『007 スペクター』は12月4日に日本公開を予定している。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top