【予告編】ライアン・ゴズリング初監督作はダークで幻想的な世界観に…『ロスト・リバー』

映画

ライアン・ゴズリング初監督作『ロスト・リバー』日本版ポスター -(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ライアン・ゴズリング初監督作『ロスト・リバー』日本版ポスター -(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ロスト・リバー』 -(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ロスト・リバー』 -(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ロスト・リバー』で監督デビュー作を果たすライアン・ゴズリング -(C) 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『ドライヴ』『ブルーバレンタイン』などの印象的な役柄で人気の俳優ライアン・ゴズリングが、かねてからの夢であった監督デビューを果たした映画『ロスト・リバー』。このほど、幻想的な色彩の日本版ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

経済破綻し、住人たちがほとんどいなくなった、とあるゴーストタウン。ボーンズ(イアン・デ・カーステッカー)は廃墟だらけの街でクズ鉄集めをしながら日々を暮していた。家は差し押さえ寸前で、街を去るか否かの選択を迫られたボーンズの母、ビリー(クリスティナ・ヘンドリックス)は、金のため怪しげなショーを行う店で働くことに。

一方、ボーンズは近所に住むミステリアスな少女、ラット(シアーシャ・ローナン)と心を通わせていくが、彼女から聞いた湖底の街“ロスト・リバー”にまつわる謎めいた噂話に興味を持ち始める。だが、それを快く思わないギャングのブリー(マット・スミス)に目を付けられてしまい…。

本作で、崩壊寸前の街で生き抜く人々と街に潜む謎を巡るダークファンタジーに挑んだ、ライアン“監督”。到着した予告編では、ライアンの独創的な世界観があますことなく表現されており、『スプリング・ブレイカーズ』『ランナウェイズ』などで知られる撮影監督ブノワ・デビエが映し出す、妖しくも耽美な映像が印象的。また、ライアンの主演作『ドライヴ』でも楽曲を提供したジョニー・ジュエルの手掛ける繊細なエレクトロポップが、映像にさらなる深みをもたらしている。



『ドライヴ』、そして『オンリー・ゴッド』でタッグを組み、ライアンの盟友ともいえるニコラス・ウィンディング・レフン監督は、自身の影響も色濃く映し出された本作に、「美しく、素晴らしい映画だ。いまも頭から離れない映像がたくさんある」と賛辞を送っている。

『ロスト・リバー』は5月30日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top