リリー・コリンズ、恋に臆病な女子大生に…『きっと、星のせいじゃない。』監督とタッグ

映画

リリー・コリンズ主演『ハッピーエンドが書けるまで』 (C)2012 Writers the Movie,LLC
  • リリー・コリンズ主演『ハッピーエンドが書けるまで』 (C)2012 Writers the Movie,LLC
  • リリー・コリンズ-(C) Getty Images
  • リリー・コリンズ -(C) Getty Images
  • ローガン・ラーマン Getty Images
SNSでのクチコミからロングランヒットとなっている『あと1センチの恋』のリリー・コリンズと、全米オープニング興行成績No.1を記録し、ティーンを中心にブームを巻き起こした『きっと、星のせいじゃない。』の監督ジョシュ・ブーンがタッグを組んだ感動作『ハッピーエンドが書けるまで』が、6月27日(土)より日本公開されることが決定した。

サマンサ(リリー・コリンズ)は大学で同じ授業を受けているルイス(ローガン・ラーマン)に惹かれているが、母親エリカ(ジェニファー・コネリー)が父親を捨て新たな男と付き合う姿と、両親の離婚を目の当たりにし、恋愛や結婚に対してマイナスなイメージを持っていた。父親で、エリカに未練を持つ作家のビル(グレッグ・キニア)は時々エリカの家まで覗きに行く日々。サマンサの弟ラスティ(ナット・ウルフ)は学校で初恋相手のケイト(リアナ・リベラト)がコカインを吸う姿を目撃してしまい…。

『きっと、星のせいじゃない。』のブーン監督と、アカデミー賞2部門受賞の感動作『クレイジー・ハート』の製作を手がけたジュディ・カイロが贈る本作。愛を信じない大学生・サマンサには『白雪姫と鏡の女王』で白雪姫役に抜擢され、チャームポイントの大きな瞳と凛々しい眉で日本でも人気のリリー・コリンズ。彼女に想いを寄せる同級生ルイスには、『ウォールフラワー』『フューリー』での好演で注目されたローガン・ラーマン。

愛を失った父・ビルには、アカデミー賞ノミネート経験を持つ『リトル・ミス・サンシャイン』などでグレッグ・キニア、ビルの元妻エリカは『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞「助演女優賞」を受賞したジェニファー・コネリー。サマンサの弟で愛に臆病なラスティ役は『きっと、星のせいじゃない。』で主人公の友人アイザックを演じたナット・ウルフ。さらに、『アナと雪の女王』のアナ役の声優を担当したクリステン・ベルといった豪華キャストが、それぞれ人間味あふれるキャラクターで共演を果たしている。

また、『きっと、星のせいじゃない。』のマイク・モーギスによる音楽にも注目。ボブ・ディランやニール・ヤングらの後継者として注目を集め、繊細なメロディと歌詞、歌声を持つコナー・オバーストが楽曲を提供しており、エリオット・スミス、「ボン・イヴェール」、「ザ・ナショナル」といった大御所が深みを与え、ナットの実弟アレックス・ウルフも参加。作中のムードを盛り上げ、心地よい世界へと連れて行ってくれる。

愛を信じない娘、愛を失った父親、愛に臆病な息子の3人が悩み、傷ついて、一歩足を踏み出したとき、人生に変化が訪れる物語。ハリウッド注目の最旬キャストが集結したブーン監督の最新作に、いまから期待が高まる。

『ハッピーエンドが書けるまで』は6月27日(土)より新宿シネマカリテ、渋谷シネパレスほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top