俳優&画伯・田辺誠一、『名探偵コナン』の模写を公開!「ほぼ忠実に再現できた」

映画

田辺誠一さん&書き下ろされた本作メインビジュアルの模写(C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 田辺誠一さん&書き下ろされた本作メインビジュアルの模写(C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 書き下ろされた本作メインビジュアルの模写(C)2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 田辺誠一さん
  • リンボーダンスをしてみたかっこいい犬
  • リンボーダンスをしてみたかっこいい犬
  • 立ち上がったかっこいい犬
シリーズ累計興収が500億円を突破し、不動の人気を誇る劇場版「名探偵コナン」シリーズ最新作『名探偵コナン 業火の向日葵』。ゲスト声優に榮倉奈々や元「KARA」の知英(ジヨン)が参戦することで話題を集める本作だが、新たに俳優・田辺誠一とのコラボが実現。田辺さん独特の画風で書き下ろされた本作メインビジュアルの模写が公開された。

大富豪が集まるニューヨークのオークション会場で国際的名画が落札された。それは昔、日本で焼失したとされている、失われたはずのゴッホの名画「ひまわり」。その絵を手に入れた鈴木次郎吉の目的は、世界に散らばる7枚の「ひまわり」を集めること。そして過去にない大規模な展覧会を、鉄壁のセキュリティを誇る日本の美術館・レイクロックで開催することだった。

そのビッグニュースは全世界に配信され、コナンや蘭たちもその中継に見入っている。絵画を護るスペシャリストたち、通称“7人のサムライ”が招集されようとしたそのとき、突如怪盗キッドが出現し、必ず絵を奪うと宣戦布告して去っていった。次の瞬間、騒然となる会場に現れたのは、キッドのうわさを聞きつけたという高校生探偵・工藤新一の姿だった。そして後日「ひまわり」をのせた旅客機が日本へ向かう大空で、再び“白い影”の急襲が…。

本作のテーマが“アート”ということで実現した今回のコラボ。「かっこいい犬。」などの作品に見られる独特な画風でファンから“画伯”と称される田辺さんのイラストを見たスタッフが、田辺さんへ熱烈なオファーをかけ、元々「名探偵コナン」のファンだという田辺さんが快諾したという。

ファンが多くいる超人気作品とのコラボに相当なプレッシャーを感じたという田辺さんだが、「大好きなコナンの絵を描かせて頂けるのはとても光栄でした。いつもは実在の人物などを描いているので、すでに絵になっている物を絵で描くのは大変でしたが、コナンの世界観を大切にしながら、多くのファンの方のイメージを壊さないように気をつけました。今回はオリジナルのポスターを見ながら描いたので、ほぼ忠実に再現できたのではと自負しています。」と、今作の出来栄えに自信のコメントを寄せた。

公開された書き下ろし模写は、製作期間に1か月を費やし、フィンセント=ファン=ゴッホも驚きの独特な色使いと、キャラクター表現が際立つ渾身のアート作品に仕上がった。人気絶頂の“田辺画伯”と「名探偵コナン」が奇跡的に組み合わさったこのアートプロモーションは、実際に映画ポスター化され、全国各地にて順次展示される予定とのこと。

『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』は4月18日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top