佐々木希、「ブロッケンの妖怪」で初舞台に挑戦! 竹中直人、生瀬勝久らと共演

最新ニュース

佐々木希/「ブロッケンの妖怪」
  • 佐々木希/「ブロッケンの妖怪」
  • 竹中直人、生瀬勝久、佐々木希、大貫勇輔、田口浩正、高橋惠子/「ブロッケンの妖怪」
  • 生瀬勝久/「ブロッケンの妖怪」
  • /「ブロッケンの妖怪」
  • 大貫勇輔/「ブロッケンの妖怪」
  • 高橋惠子/「ブロッケンの妖怪」
ドラマや映画、バラエティなど多方面で活躍する女優・佐々木希が、竹中直人と生瀬勝久が出演する「ブロッケンの妖怪」にて、待望の舞台デビューを果たすことが明らかとなった。

2011年、竹中さんと生瀬さんが舞台で激突し話題となった「竹生企画」第一弾「ヴィラ・グランデ青山~返り討ちの日曜日~」から4年。屈指の超個性派俳優でありクリエイターでもある二人が本作で再びタッグを組む。

物語の舞台は孤島。絵本作家の打越(竹中さん)、担当編集者の黒柳(生瀬さん)は小さな孤島を訪れる。打越には放浪癖と浮気性があり、心配する打越の恋人もやって来た。森と砂浜、そして大きな洋館がぽつんと一軒建っているだけの孤島。その洋館には、虹子(高橋惠子)という女と娘の小真代(佐々木さん)、使用人の稲井(大貫勇輔)が暮らしており、生活必要品は船乗りの泊(田口浩正)が本土から運んでくる。打越たちはこの島で目撃される「ブロッケン現象」を取材しに来たのだった。霧の濃い日に、洋館の影が霧に映り、海の上にもう一つの洋館が現れるのだという。謎めいた母娘の住む洋館、そして日に日に近づいて来るもう一つの洋館の影。打越はふとある日、その洋館の影にあるものを見つけ…。それぞれの思惑を巻き込みながら、霧に包まれた孤島で不思議な物語が展開する。

前作に続き人気作家・演出家の倉持裕を作・演出に迎え、バラエティ豊かなキャストが集結。ドラマや映画、CMなどで美しさを遺憾なく発揮し、女子たちからの絶大な人気を誇る佐々木さんが初舞台を踏むのも本作の見どころのひとつだ。さらにはミュージカル「ピーターパン」のフック船長役や、舞台「アドルフに告ぐ」への出演決定など、舞台や映像で着実なキャリア重ねている大貫勇輔、前作に続き出演の田口浩正、竹生企画初参加となる高橋惠子と、個性豊かなメンバーが名を連ねた。

佐々木さんは「私が舞台に立つ日がくるなんて、夢にも思いませんでした。今からとてもとても緊張しております。お芝居もまだまだ未熟な私ですが、竹中さん、生瀬さんを始めとするキャストの皆様から沢山の事を吸収したいと思います」と意気込みを語り、初舞台を心待ちにしている様子。そんな佐々木さんに対し、“先輩”となるお二人は「きっとコメディセンスも持っている女優だと思うのでかなり期待しています。初舞台だからと恐れず思い切って演じて欲しいと思っています」(竹中さん)、「同じ俳優ですので偉そうなことは言えませんが、舞台を好きになって頂きたいです」(生瀬さん)とエールを送った。

公演は、10月下旬より、東京・シアタークリエ、シアター1010ほか、全国各都市公演を予定。

<公演概要>
「ブロッケンの妖怪」
作・演出 倉持裕
出演:竹中直人 生瀬勝久 佐々木希 大貫勇輔 田口浩正 高橋惠子
主催:東宝株式会社 株式会社キューブ
公演日程:2015年10月下旬~12月中旬 シアタークリエ シアター1010ほか各地公演予定。
東京公演チケット一般発売:9月予定
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top