渋谷すばる、イタリアの映画祭に“手紙”で参加!「大阪の良さを感じて」

映画

渋谷すばるさんの手紙を代読する山下敦弘監督
  • 渋谷すばるさんの手紙を代読する山下敦弘監督
  • 上映後、山下敦弘監督のもとに集まるファンたち
  • ウディネ・ファーイースト映画祭
主演に「関ジャニ∞」の渋谷すばる、ヒロインに二階堂ふみを迎えた 『味園ユニバース』。興行収入2億5千万円を突破し大ヒットを記録した本作が、イタリアで開催中の「ウディネ・ファーイースト映画祭」のコンペティション部門に出品。4月25日(現地時間)に公式上映され、山下敦弘監督が舞台挨拶に登壇。渋谷さんからのメッセージを代読した。

「ウディネ・ファーイースト映画祭」は、イタリアのウディネで開催される東アジア、東南アジアの話題作を集めた映画の祭典。毎年、日本映画にも多くの注目が集まり、2014年には『永遠の0』が観客賞、『テルマエ・ロマエII』がネット観客賞を受賞。過去は『俺俺』『告白』なども様々な賞を受賞している。

実は9年前にも、同映画祭で山下監督の『リンダ リンダ リンダ』が上映され好評を博しており、現地での監督への期待は高く、上映30分前から長蛇の列ができ、1,200席が満席となる盛況ぶりだったとのこと。

上映前の舞台挨拶では山下監督自らすべてイタリア語で挨拶を行い、会場を盛り上げると、さらに、主演の渋谷さんからイタリアのファンに向けた手紙をサプライズで代読。「初めて主演させて頂いた映画が、イタリアの皆様にも見ていただけることになり、本当に嬉しく思っております。僕が生まれ育った大阪を舞台にした音楽映画ですので、大阪の匂い、大阪の良さを映画を通して感じていただけたらと思います」と伝えると、会場は暖かな拍手に包まれたそう。

上映後は、なんと5分間にわたるスタンディングオベーションが巻き起こり、これには監督も、「まだ興奮が冷めないですが、観ている間はみんなじっくり観てくれて、終わった直後にみんな拍手をくれたので、すごくホッとしたし、ウディネのお客さんはいいなと」と安堵した様子。さらに「映画祭自体が、お客さんと監督がとても身近でレスポンスもすごく良いので、渋谷君や二階堂ふみちゃんも連れてきたかった。あと赤犬も」とその喜びを語った。

「観客賞」他の受賞発表は5月2日(現地時間)を予定しており、本作の受賞へ期待が持てる上映会となった。

『味園ユニバース』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top