妖しげな“江戸前浴衣”が登場! テーマは「う~ら~め~し~や~」

最新ニュース

「月影屋」が“怪しげ”でハイエンドかつユニークな江戸前浴衣を展開 in ラフォーレ原宿
  • 「月影屋」が“怪しげ”でハイエンドかつユニークな江戸前浴衣を展開 in ラフォーレ原宿
  • 「月影屋」の「クスリの浴衣」(4万9,009円)
  • 「月影屋」の「オネーチャンの浴衣」(4万9,009円)
  • 「月影屋」の「オネーチャンの浴衣」(4万9,009円)
  • 「月影屋」の「29(肉)の浴衣」(4万9,009円)
  • 「月影屋」がハイエンドかつユニークな江戸前浴衣を展開
  • 「月影屋」の「生肉の帯」(5万3,049円)
  • 「月影屋」の「スワロフスキーの帯」(4万円)
ラフォーレ原宿1階のentrance space及び2階のcontainerにて、浴衣と水着のショップの出店が決定した。

1階のentrance spaceでは6月26日から7月22日まで、ハイエンドかつユニークな江戸前浴衣を展開する「月影屋」が登場。同店では江戸から伝わる日本の伝統工芸である“伊勢型紙”の型、日本橋の老舗による“注染”、手縫い仕立てという職人の技に裏打ちされながらも個性的な江戸前浴衣を取り揃える。

“う~ら~め~し~や~~~~!!!!!!!”をテーマとした今年の新作は、女性の裸体が散らばった「オネーチャンの浴衣」や注射器のモチーフなどをあしらった「クスリの浴衣」、“29”の数字を散りばめた「29(肉)の浴衣」(各4万9,009円)など。また、税込4,649円(夜露死苦)以上購入すると、豪華景品が当たるくじを引くことも出来る。

2階のcontainerでは7月1日から22日までの期間、着物デザイナーの石川成俊によるブランド「イロカ(iroca)」とキモノディレクターでカリスマキモノブロガーとして活躍するCHOKOのコラボレーションによる「イロカ タイムス チョコ(iroca times CHOKO)」がオープン。人気浴衣の復刻版を始め、デザイナーの鷺森アグリによるファッションブランド「アグリ サギモリ(AGURI SAGIMORI)」のオリジナルアクセサリーやCHOKOと「アグリ サギモリ」のコラボレーションアイテムなども取り扱う。

さらに、旅する着物作家・やまもとゆみの2年ぶりとなるリアルショップ「カワイイ ミュゼ バイ ヤマモトユミ(Kawaii Musee by yamamotoyumi)」も登場。日本画家の十一(トヲハジム)と共同で制作し、レディー・ガガにプレゼントした着物の展示や、台湾の“Kawaii”集団「閣樓日 Girl'z」のアーティストフリマも開催する。

その他、ネットで人気の「ロッコヤ サマーショップ(ろっこやSummer shop)」もオープン。ラフォーレ原宿限定色の浴衣や、「ハセガワ・アヤ」「UDA」「馬場装飾」などのブランドのアイテムも展開する。

水着では、タイ・バンコク発のブランド「チュアンピサマイ(Chuan Pisamai)」の日本初のショップが登場。モデルや国民的アイドルなども利用する、女子が憧れる“可愛い”をテーマにしたハンドメイドの水着を発売。まるで本物の花を身に纏っているかのような、花に囲まれたガーリーな水着の数々を取り揃える。

妖しげな“江戸前浴衣”がラフォーレ原宿に登場。テーマは「う~ら~め~し~や~」

《HEW》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top