ソニン、整形願望? 絶世の美女役に「整形しようかな」

最新ニュース

ソニン/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
  • ソニン/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
  • 浦井健治、ソニン、吉田栄作/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
  • 浦井健治/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
  • 吉田栄作/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
  • 今井朋彦/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
  • 横田栄司/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
  • 江守徹/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
  • 浦井健治、ソニン/舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表会
シェイクスピア演劇「トロイラスとクレシダ」の制作発表会が2日(火)、都内で行われた。

本作は、世田谷パブリックシアター、文学座、兵庫県立芸術文化センターの3者が共同制作を行い、7月15日(水)より世田谷パブリックシアターで公演が開始する。演出は鵜山仁が、翻訳は小田島雄志が務める。

「この作品は、演出家が一番やりたい作品であり、観客が一番見たくない作品、と言われているんです」と小田島さんが紹介するほど、喜劇とも悲劇とも歴史劇ともいえない本作は、シェイクスピアの中でも問題作として扱われている。

本作で愛と戦いに翻弄される王子トロイラスを演じるのは、浦井健治。そしてトロイラスを裏切る恋人役にはソニンが抜擢された。

NYに演劇留学に行っていたソニンさんは「NYで刺激を受け、格好悪い自分も認めようと思いました。本作はとても難しい作品なので、どうなるかわかりませんが、チャレンジは大好きなので、とても楽しみです。」と意気込みを話した。

周りを固めるのは、江守徹、岡本健一、吉田栄作、渡辺徹、今井朋彦、横田栄司という蒼々たるメンバーだ。

ソニンさんと禁断の恋に落ちる役を演じる岡本さんが、「誘惑ではなくて、出逢ってしまったんですよね。ギリシャの将軍がみんな惚れるのも分かるくらいソニンさんも美しいです」というと、すかさず「その一文を読んで、整形しようかなって思いました」とソニンさんが謙遜した。

ひとりひとりの挨拶では、「情欲担当です」と岡本さんがいうと、「俺の担当はなんだろうな」と笑う吉田さん。そして「公には言えませんが、文学座で売れているメンバーだけを集めてみました。面白くなかったらすべて鵜山さんの責任です」と笑いを誘う渡辺さん。「腕力では勝てませんが、策略担当として頑張ります」という今井さん、「明後日から稽古なんですが、今逃げ出したいくらいな気持ちです」と横田さん。そして最後に江守さんが「新人の気持ちで頑張ります」と話し、会場は終始和やかな雰囲気で包まれた。

「人が崩壊するときにどのくらいエネルギーを放出するのかを表現したいです。今回は劇団が交錯するので、集団も個人の力も増進すると思います」と鵜山さんが3者合同で行うことへの期待も語った。


「トロイラスとクレシダ」は7月15日(水)~8月2日(日) 世田谷パブリックシアター、その後、石川・兵庫・岐阜・滋賀にて上演。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top