EXILE・AKIRA「アドレナリンMAX!」『マッドマックス』監督と1,500人のファン沸かす

最新ニュース

AKIRA、ジョージ・ミラー、竹内力/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
  • AKIRA、ジョージ・ミラー、竹内力/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
  • 叶姉妹/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
  • AKIRA/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
  • 屋アンナ、高橋メアリージュン/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
  • 天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
  • 竹内力/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
  • 屋アンナ、高橋メアリージュン/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
  • ジョージ・ミラー/『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジャパンプレミア
約8年ぶりの来日を果たした鬼才ジョージ・ミラー監督が6月4日、TOKYO DOME CITY HALLで開催された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のジャパンプレミアに出席。日本語吹替版で声優を務めるEXILEのAKIRA、竹内力とともに日本のファンの前に登場した。

会場を見下ろすと、作品を象徴するスカルが描かれているようにデザインされた“スカルカーペット”が用意されたこの日。ゲスト陣が会場に現れると、集まった約1500人から大歓声。ミラー監督もご満悦の表情で、ファンからのサインや握手に気さくに応えていた。

本作は、元警官のマックスが、自由と生き残りを賭けた戦いに身を投じる姿を迫力のカーバトルを交えて描く物語。主人公マックス役の声優を務めたAKIRAは「『アドレナリンMAX』とチラシに書いてあるけれどその通り。ジェットコースターに乗っているような気分」と完成作に大興奮した様子。「魂ごと揺さぶられるような作品にはなかなか出会えない。感激した」と力を込めていた。

マックスの最凶の敵ジョー役の声を担ったのが、竹内だ。「今51歳だから、15歳か16歳の頃に1作目を見た。そのあとの2、3作目も見た」とシリーズのファンであることを告白。「メル・ギブソンが大スターになったけど、あの上下黒の革ジャン! 俺も革ジャンほしいなと思ったけど、金がねえ! だから上下、作業着を着て単車に乗っていた」とサービスたっぷりに話して会場の笑いを誘っていた。

二人のトークを楽しそうに聞いていたミラー監督。完成までは苦難の道のりだったようで「何度も何度も倒れては、また起き上がるという感じの作品。障害がたくさんあった」と述懐。「でも倒れたままじゃなかった。必ず立ち上がった。完成して日本に来られてとにかく幸せ」と笑顔を見せ、「AKIRAさんと竹内さんには感謝の気持ちでいっぱい。ふたりの協力に本当に感謝しています」と感謝の言葉を送っていた。

最後にはAKIRAが「素晴らしい映画が日本に上陸した。『マッドマックス』の感想をここで言ってしまいたいくらい、僕もアドレナリンが出ている」と映画をアピール。会場から大きな拍手を浴びた。また、カーペットゲストには土屋アンナ、高橋メアリージュン、叶姉妹、新日本プロレスの天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学が登場。会場を大いに盛り上げた。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top